秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > 新書 > 人文・思想・社会
日本近現代史講義(中公新書)[山内昌之]
  • Googleプレビュー

日本近現代史講義 (中公新書)
山内昌之

990(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 日本近現代史講義(中公新書)[山内昌之]
  • +
  • 軍事と政治日本の選択歴史と世界の視座から(文春新書)[細谷雄一編]
  • 日本近現代史講義 (中公新書)
  • 山内昌之

990円(税込)

在庫あり

1,210円(税込)

在庫あり

合計 2,200円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

明治維新から150年余り。日本近現代史の研究は日々蓄積され、塗り替えられている。日本国内の閉じた歴史にとどまるのではなく、世界史と融合した新しい歴史を模索する流れが強まっている。明治維新に始まり、日清・日露戦争、第2次世界大戦、東京裁判と歴史認識問題、そしてポスト平成に向けた歴史観の問題まで。特定の歴史観やイデオロギーに偏らず実証を旨とする、第一線の研究者による入門14講。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

明治維新から一五〇年余り。日本近現代史の研究は日々蓄積され、塗り替えられている。日本国内の閉じた歴史にとどまるのではなく、世界史と融合した新しい歴史を模索する流れが強まっている。明治維新に始まり、日清・日露戦争、第二次世界大戦、東京裁判と歴史認識問題、戦後日中関係、そして未来に向けた歴史観の問題まで。特定の歴史観やイデオロギーに偏らず実証を旨とする、第一線の研究者による入門一四講。

目次(「BOOK」データベースより)

令和から見た日本近現代史ーヘロドトスの「悪意」から劉知幾の「公平」へ/立憲革命としての明治維新/日清戦争と東アジアへ/日露戦争と近代国際社会/第一次世界大戦と日中対立の原点近代日中関係の変容期ー一九一〇年代から一九三〇年代/政党内閣と満洲事変/戦間期の軍縮会議と危機の外交ー第二次世界大戦への道1/「南進」と対米開戦ー第二次世界大戦への道2/米国の日本占領政策とその転換/東京裁判における法と政治/日本植民地支配と歴史認識問題/戦後日中関係/ポスト平成に向けた歴史観の問題ー戦後から明治へ、さらにその先へ

著者情報(「BOOK」データベースより)

山内昌之(ヤマウチマサユキ)
1947年札幌市生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。東京大学学術博士。現在、武蔵野大学国際総合研究所特任教授、ムハンマド五世大学客員教授。東京大学名誉教授。紫綬褒章受章。主著に『スルタンガリエフの夢』(サントリー学芸賞)、『瀕死のリヴァイアサン』(毎日出版文化賞)、『ラディカル・ヒストリー』(吉野作造賞)、『岩波イスラーム辞典』(共編、毎日出版文化賞)など

細谷雄一(ホソヤユウイチ)
1971年千葉県生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。博士(法学)。現在、慶應義塾大学法学部教授。著書に『戦後国際秩序とイギリス外交』(サントリー学芸賞)、『倫理的な戦争』(読売・吉野作造賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(28件)

総合評価
 4.09

ブックスのレビュー(2件)

  • (無題)
    mz1104
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2020年03月27日

    戦後レジームからの脱却と安倍総理は第一次安倍内閣で告げた。本書は歴史学の学会の定説の枠を出ない。現役の大学教職者が執筆しているためなのか、歴史の修正は無い。ここをどうこう言う気はない。これと関係なく2つばかり、不満なところがある。
    日韓関係に関する部分だが、日韓二国を対象として論じているが、中国、北朝鮮そして米国を考慮に入れていかないと、真の日韓関係は見えてこない。最近、地政学ということばを耳にするが、ここも日本の歴史学者に欠けている視点ではないかと思う。
    もうひとつは経済政策に関する記述。円高、経済停滞、誠に残念なのだが、表層的で日銀の金融政策に関しては、素人が新聞記事を見て書いた感じなのだ。経済学の知識がないと現在に接続する近現代の経済は読み解けないと改めて感じた。歴史学者には荷が重かったようだ。

    0人が参考になったと回答

  • おもしろかった
    akihito2017
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2020年01月28日

    学生時代に習わなかった戦後史・詳しくは習わなかった戦中史が、この本を読んで興味を持つと思う。歴史は肯定も否定もあり二者択一ではない。歴史認識や植民地問題も同じ。戦争の原因は、国政の指導者が誤った政策でメディアをあおる図式という。しかしその政策が誤りだとはいつわかるんだろうか。メディアがあおることはとにかく信じるなということだろうか。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年09月06日 - 2021年09月12日)

     :第-位( - ) > 新書:第1583位(↑) > 人文・思想・社会:第159位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      美しく、強く、成長する国へーー私の「日本経済強靱化計画」--
      美しく、強く、成長する国へーー私の「日…

      高市 早苗

      990円(税込)

    2. 2
      会社がなくなる!
      会社がなくなる!

      丹羽 宇一郎

      924円(税込)

    3. 3
      新型コロナワクチン 本当の「真実」
      新型コロナワクチン 本当の「真実」

      宮坂 昌之

      990円(税込)

    4. 4
      アホか。
      アホか。

      百田 尚樹

      792円(税込)

    5. 5
      在宅ひとり死のススメ
      在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ