本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 産業 > 農業・畜産業

今森光彦 光の田園物語 〜環境農家への道〜
今森光彦

2,750(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2019年08月28日頃
  • 著者/編集:   今森光彦(著・写真)
  • 出版社:   クレヴィス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784909532305

商品説明

内容紹介(出版社より)

人と自然がともに生きる“里山”。その中で生み出される豊かな営みを見つめ続けてきた写真家・今森光彦。琵琶湖を望む田園風景の中にアトリエを構え、四季折々に移り変わる田んぼや里山に集まる生き物、人の暮らしを撮り続けてきました。
そんな今森光彦の新たな挑戦は、農家となり、荒れ果てた土地を里山環境としてよみがえらせること「。光の田園」と名付けた美しい棚田が広がる一角で、荒地を開墾し、生命力あふれる農地を取り戻そうと悪戦苦闘します。
放置され続けた竹藪との壮絶な格闘、姿を現した古木や山の神々からの贈り物。
里山に生きる写真家が、“未来に贈る美しい風景?を取り戻すための挑戦の記録。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

荒れ果てた土地、竹藪との壮絶な格闘、姿を現した古木や山の神々からの贈り物。里山に生きる写真家が、“未来に贈る美しい風景”を取り戻すための挑戦の記録。

目次(「BOOK」データベースより)

オーレリアンの庭から里山へ/竹藪との戦いから始まる、新しい農地づくり/山の神様からの贈り物/“環境農家”という新しい言葉/消えてゆく生きものたち/木々の命を無駄にしないために/取り戻された環境に、帰ってきた生きものたち/アゲハチョウを招く/年月を見守る、山の神々/姿を消した、はさ木の風景/美しい土手をよみがえらせるために/オーレリアンの丘

著者情報(「BOOK」データベースより)

今森光彦(イマモリミツヒコ)
1954年、滋賀県生まれ。写真家・切り絵作家。琵琶湖をのぞむ田園風景のなかにアトリエを構え活動する。自然と人との共存を里山というキーワードで表現し続けている。第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞、第48回毎日出版文化賞、第56回小学館児童出版文化賞、第42回産経児童出版文化賞大賞など数多くの賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと8

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      エブリシング・バブル 終わりと始まり
      電子書籍エブリシング・バブル 終わりと始まり

      エミン・ユルマズ

      1,870円(税込)

    2. 2
      他人が幸せに見えたら深夜の松屋で牛丼を食え
      電子書籍他人が幸せに見えたら深夜の松屋で牛丼を…

      裏モノJAPAN編集部

      660円(税込)

    3. 3
      会社四季報 2024年3集 夏号
      電子書籍会社四季報 2024年3集 夏号

      2,600円(税込)

    4. 4
      ほったらかしで年間2000万円入ってくる 超★高配当株 投資入門
      電子書籍ほったらかしで年間2000万円入ってくる …

      かんち

      1,584円(税込)

    5. 5
      1分で話せ
      電子書籍1分で話せ

      伊藤 羊一

      1,540円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ