本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
伝説となった日本兵捕虜ソ連四大劇場を建てた男たち(角川新書)[嶌信彦]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち (角川新書)
嶌 信彦

946円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【3日間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち 946円
紙書籍版 伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち 946円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年09月07日頃
  • 著者/編集:   嶌 信彦
  • レーベル:   角川新書
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  264p
  • ISBNコード:  9784040823225

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「日本人として恥ずべき仕事はしない」
シルクロードに伝説を刻んだ若き兵士がいた!!

1945年、秋。敗戦後、ウズベキスタンに抑留された工兵たちがいた。
彼らに課されたのは「ソ連を代表する劇場を建てること」。
捕虜生活の下、457名の隊を率いてプロジェクトを完遂したリーダーは、まだ20代の将校だった。
「日本人の誇りと意地にかけて、最良のものをつくりたい」
彼らの仕事は、ソ連四大劇場の一つと称賛され、大地震にも耐えたオペラハウス「ナボイ劇場」として結実した。
堅牢な造り、美麗な内装。彼らの誇りと意地をかけた仕事は、収容所長をはじめ、現地の人々の心を動かし、語り続けられ、日本人伝説となった。
敗戦後、日本兵は一大プロジェクトと闘っていた!!

埋もれた偉業が明かされる!
■ボリショイ劇場建設という特殊任務
■収容所長アナポリスキーとの対峙
■隊員に起きた転落事故死
■手作りの芝居、演芸大会でウズベク人と触れ合う
■永田隊長の最後の仕事は名簿の暗記だった etc

※本書は2015年9月に小社より刊行した『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』を
改題の上、加筆修正し、新書化したものです。


序章 シルクロードの”日本人伝説“
第1章 敗戦、そして捕虜
「戦争に敗けた現実」/満州で徴兵された民間人が見た赤紙/牡丹江の悲劇/満州の日本人は放置された/武装解除を命令した関東軍/ソ連の日本人捕虜六〇万人利用計画/日本を五つの占領区に分割する案があった/捕虜は労働使役に利用された etc
第2章 抑留、劇場建設へ
永田隊は帰国の望みを絶たれた/免れたシベリア送り/ウズベキスタンのタシケント、石の都へ入る/ボリショイ劇場建設という特殊任務/タシケント・第四収容所/オペラハウス建設四五七人の隊長となる/収容所長アナポリスキー/「最も重要な使命は全員が帰国することだ」etc
第3章 収容所長との交渉
食事とノルマ/ラクダの肉、骨ばかりの魚/全員に平等な食事を!/ソ連側と真剣交渉へ/「和」の精神を説く etc
第4章 誇れる仕事
増援部隊の面々/「世界に引けをとらない建築物をつくるんだ」/密かに敬愛された人物/ダモイ第一選抜を断る/転落事故死/二人の追悼式 etc
第5章 秘密情報員と疑われた永田
合唱団結成へ/麻雀、将棋、花札、碁を手作り/バイオリン作りも始まる/手作りの芝居、演芸大会/民主運動/秘密情報員と疑われた永田/盛り上がらなかった第四の民主運動 etc
第6章 収容所の恋
ウズベク人に『草津節』を教える/恋人ナージャ/「ダモイなのね」/「本当にありがとう、スパシーバ」 etc
終章  夢に見たダモイ
永田の最後の仕事は名簿の暗記だった/アナポリスキーとの再会/「もう、ダスビダーニャはないのだ」/「日本だ、日本だ」/タシケントを思う/日本人伝説 etc
あとがき
主要参考文献
写真提供

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1945年、秋。敗戦後、ウズベキスタンに抑留された工兵たちがいた。彼らに課されたのは「ソ連を代表する劇場を建てること」。捕虜生活の下、457名の隊を率いてプロジェクトを完遂したリーダーは、まだ20代の将校だった。「日本人の誇りと意地にかけても最良のものを作りたい!」彼らの仕事はソ連四大劇場の一つと称賛されたオペラハウス、ナボイ劇場に結実した。シルクロードに刻まれた日本人伝説!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 シルクロードの“日本人伝説”/第1章 敗戦、そして捕虜/第2章 抑留、劇場建設へ/第3章 収容所長との交渉/第4章 誇れる仕事/第5章 秘密情報員と疑われた永田/第6章 収容所の恋/終章 夢に見たダモイ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
嶌信彦(シマノブヒコ)
ジャーナリスト。1942年中国・南京市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、毎日新聞社に入社。ワシントン特派員などを経て、東京本社経済部を最後に87年毎日新聞社を退社し、フリーとなる。数多くの番組で司会・解説者を務めてきた。現在は、『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』でパーソナリティーを務める。著書に『日本人の覚悟』等多数。NPO法人日本ウズベキスタン協会の会長職にもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2020年02月17日 - 2020年02月23日)

     :第3119位(↓) > 新書:第132位(↓) > その他:第49位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

946円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      運気を磨く
      運気を磨く

      田坂広志

      902円(税込)

    2. 2
      空気を読む脳
      空気を読む脳

      中野 信子

      946円(税込)

    3. 3
      異端のすすめ 強みを武器にする生き方
      異端のすすめ 強みを武器にする生き方

      橋下 徹

      913円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】鬼滅の刃 片羽の蝶
      【入荷予約】鬼滅の刃 片羽の蝶

      吾峠 呼世晴

      770円(税込)

    5. 5
      ケーキの切れない非行少年たち
      ケーキの切れない非行少年たち

      宮口 幸治

      792円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ