日常世界を哲学する存在論からのアプローチ(光文社新書)[倉田剛]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

日常世界を哲学する 存在論からのアプローチ (光文社新書)
倉田剛

880(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日常世界を哲学する〜存在論からのアプローチ〜 880円
紙書籍版 日常世界を哲学する 880円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年08月21日頃
  • 著者/編集:   倉田剛
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  240p
  • ISBNコード:  9784334044282

よく一緒に購入されている商品

  • 日常世界を哲学する存在論からのアプローチ(光文社新書)[倉田剛]
  • +
  • 「私」は脳ではない21世紀のための精神の哲学(講談社選書メチエ)[マルクス・ガブリエル]
  • 日常世界を哲学する 存在論からのアプローチ (光文社新書)
  • 倉田剛

880円(税込)

在庫あり

2,310円(税込)

在庫あり

合計 3,190円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「存在論」とは、何かが「ある」とはどういうことかを考える哲学の一大分野である。起源は古代に遡るが、現代では、ある事実が成立するためには何が存在し、存在するもの同士はどのような関係にあるかを問題にする。具体的にはあらゆる事象の前提、すなわち世界がよって立つ基礎を考察している。私たちの「当たり前」を問い直すことで、日常は違った相貌を現す。哲学の最前線を体感するスリリングな講義。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序論 日常世界を哲学する/第1章 ハラスメントはいかに「ある」か?-「社会的事実」を考える/第2章 「空気」とは何か?-「社会規範」の分析/第3章 集団に「心」はあるのか?-全体論的アプローチ/第4章 時計は実在するのか?-「人工物」のリアリティーについて/第5章 サービスの存在論ー私たちが売買する時空的対象/第6章 キャラクターの存在と同一性ー「人工物説」の立場から

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
倉田剛(クラタツヨシ)
1970年生まれ。九州大学大学院人文科学研究院准教授。慶應義塾大学文学部卒。パリ大学第12校DEA課程を経て、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門はオーストリア哲学、分析形而上学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    2. 2
      絶対はずさないおうち飲みワイン
      絶対はずさないおうち飲みワイン

      山本昭彦

      891円(税込)

    3. 3
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    4. 4
      新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実
      新型コロナとワクチン 知らないと不都合…

      峰 宗太郎

      935円(税込)

    5. 5
      脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法
      脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法

      新井 平伊

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ