ドーナツを穴だけ残して食べる方法(日経ビジネス人文庫Bおー17-1)[大阪大学ショセキカプロジェクト]
  • Googleプレビュー

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 (日経ビジネス人文庫 B おー17-1)
大阪大学ショセキカプロジェクト

990円(税込)送料無料

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • ドーナツを穴だけ残して食べる方法(日経ビジネス人文庫Bおー17-1)[大阪大学ショセキカプロジェクト]
  • +
  • 仕事で数字を使うって、こういうことです。数学女子智香が教える(日経ビジネス人文庫Bふー14-1)[深沢真太郎]
  • ドーナツを穴だけ残して食べる方法 (日経ビジネス人文庫 B おー17-1)
  • 大阪大学ショセキカプロジェクト

990円(税込)

在庫あり

合計 1,870円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
工学、美学、数学、精神医学、歴史学、人類学、応用化学、法学、経済学ーー大阪大学の知の精鋭たちは、果たしてドーナツを穴だけ残して食べられるか? 様々なメディアでとりあげられ、ロングセラーとなったユニーク企画を文庫化。

○2014年2月に大阪大学出版会から刊行された同名書の文庫化。

○本書は大阪大学の学生と教員、大阪大学出版会の三者が一緒になって、大阪大学の知を世の中に紹介する本を作りたいという思いから生まれたプロジェクト。2012年春にスタートし、秋にはコンペを行って本企画を採用、出版に至った。第11回出版梓会新聞社学芸文化賞特別賞を受賞している。

○本書の魅力は、それぞれの学問領域ごとに、問題の設定と方法論があることがわかること。例えば、工学ならば「ドーナツという物質を定義し、手段を選び、切削する」であり、数学で言えば「n次元における穴を定義し、次元を超えることで穴を残す」であり、法学で言えば「ドーナツが登場する判例を解釈することによって「穴」を再定義し、穴を残す」となる。
第0章 ドーナツの穴談義のインターネット生態学的考察 松村真宏

 第1部 穴だけ残して食べるには
第1章 ドーナツを削るーー工学としての切削の限界 高田 孝

第2章 ドーナツとは家であるーー美学の視点から「ドーナツの穴」を覗く試み 田中 均

第3章 とにかくドーナツを食べる方法 宮地秀樹

第4章 ドーナツの穴の周りを巡る永遠の旅人ーー精神医学的人間論 井上洋一

第5章 ミクロとマクロから本質に迫るーー歴史学のアプローチ 杉田米行

 第2部 ドーナツの穴に学ぶこと
第6章 パラドックスに潜む人類の秘密 なぜ人類はこのようなことを考えてしまうのか? 大村敬一

第7章 ドーナツ型オリゴ糖の穴を用いて分子を捕まえる 木田敏之

第8章 法律家は黒を白と言いくるめる? 大久保邦彦

第9章 ドーナツ化現象と経済学 松行輝昌

第10章 ドーナツという「近代」 宮原 曉

第11章 法の穴と法規制のパラドックスーー自由を損なう行動や選択の自己決定
    =自由をどれだけ法で規制するべきなのか? 瀬戸山晃一

第12章 アメリカの「トンデモ訴訟」とその背景 松本充郎

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
工学、美学、数学、精神医学、歴史学、人類学、応用化学、法学、経済学ー。大阪大学の知の精鋭たちは、果たしてドーナツを穴だけ残して食べられるのか?学生たちが企画・編集、大きな反響を呼び、ロングセラーとなったあの名著が、ついに文庫化。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ドーナツの穴談義のインターネット生態学的考察/第1部 穴だけ残して食べるには(ドーナツを削るー工学としての切削の限界/ドーナツとは家であるー美学の視点から「ドーナツの穴」を覗く試み/とにかくドーナツを食べる方法/ドーナツの穴の周りを巡る永遠の旅人ー精神医学的人間論/ミクロとマクロから本質に迫るー歴史学のアプローチ)/第2部 ドーナツの穴に学ぶこと(パラドックスに潜む人類の秘密 なぜ人類はこのようなことを考えてしまうのか?/ドーナツ型オリゴ糖の穴を用いて分子を捕まえる/法律家は黒を白と言いくるめる?/ドーナツ化現象と経済学/ドーナツという「近代」/法の穴と法規制のパラドックスー自由を損なう行動や選択の自己決定=自由をどれだけ法で規制するべきなのか?/アメリカの「トンデモ訴訟」とその背景)

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.5

ブックスのレビュー

  • 読書日記
    トキエダ
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2020年04月29日

    2020年3月18日読了
    随筆(集)みたいなの。あんまり面白くなかった。
    タイトル通りのことについて、色んな分野の学者が、自分の分野目線で書いている。
    『大阪大学ショセキカプロジェクト』というところ(学校か先生か主体で学生がやっているもの)がつくったもの。多分そこは元々大学でやっている研究を書籍にしようとしたものだったけど、集まった学生とかの性質から、いつの間にか本を作ることが目的になったところ。そこが作った本。書きたいことがあって本にしたのではなく、本を作ることが目的で書くことを探したという感じのもの。
    色んな分野の学問のアプローチの方法がわかるので、高校生とかが大学の学部を選ぶ手掛かりになったりは、すごいすると思う。

    0人が参考になったと回答

  • 対応が早い
    momon5970
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年10月16日

    早くつきました。ポストに入れていただき助かりました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと24

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ペスト
      ペスト

      カミュ

      825円(税込)

    2. 2
      【予約】ミッドナイトスワン
      【予約】ミッドナイトスワン

      内田 英治

      759円(税込)

    3. 3
      路

      吉田 修一

      792円(税込)

    4. 4
      高校事変 VII(7)
      高校事変 VII(7)

      松岡 圭祐

      880円(税込)

    5. 5
      泣くな研修医
      泣くな研修医

      中山祐次郎

      693円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ