「憲法九条」国民投票
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

「憲法九条」国民投票 (集英社新書)
今井一

756円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年10月
  • 著者/編集:   今井一
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  253p
  • ISBNコード:  9784087202113

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本国憲法は、いまや死にかけている。度重なる「解釈改憲」によって、本来持っていたはずの「非戦・平和」の理念は、崩壊の危機に瀕している。憲法の条文をこのままにして、なし崩し的にその内実を変えていく手法は、果たして許されるものなのか。それとも、条文にてらして本来の理念を取り戻さなければならないのか。改憲について、賛成・反対両派の膨大な言説を検証し、さらに諸外国の例をひきながら、最終決着である「国民投票」を展望する。日本国民すべてにとって、避けては通れない「最後の選択」の前で、立ち竦んではならない。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 限界まできた「解釈改憲」(曖昧な「軍隊保持・交戦権」、条文と現実との乖離が拡大/護憲・改憲両陣営が「九条・国民投票」を回避 ほか)/第2章 「解釈改憲」の歴史(日本国憲法制定の関連年表/憲法九条の本旨 ほか)/第3章 国民投票法案の制定(憲法調査委員会設置推進議員連盟の発足と国民投票法案の発表/国民投票はやらせないー九条護憲派の姿勢・主張)/第4章 「九条・国民投票」はこうして実施される(憲法改正の手続きと特徴/国民投票までの展開を予測 ほか)/第5章 賛否両派のさまざまな主張(弘兼憲史(漫画家)/渡辺治(一橋大学教授) ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
今井一(イマイハジメ)
1954年、大阪市生まれ。関西大学文学部哲学科卒。ポーランドの民主化運動を取材した『チェシチ!-うねるポーランドへ』(1989年)でノンフィクション朝日ジャーナル大賞受賞。その後、ジャーナリストとして、新潟県巻町、岐阜県御嵩町、沖縄県名護市、徳島市など各地の住民投票の現場を精力的に取材。「住民投票立法フォーラム」事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

756円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      820円(税込)

    2. 2
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    3. 3
      日本史の内幕
      日本史の内幕

      磯田 道史

      907円(税込)

    4. 4
      イスラームの歴史
      イスラームの歴史

      カレン・アームストロング

      972円(税込)

    5. 5
      バカ論
      バカ論

      ビート たけし

      777円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ