本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!

「江戸前の海」が「サンゴ礁の海」になる?東京湾 生物の不思議・最前線
尾崎 幸司

1,760円(税込)送料無料

消費税率の変更について

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2019年10月26日
  • 著者/編集:   尾崎 幸司
  • 出版社:   つり人社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  160p
  • ISBNコード:  9784864473408

商品説明

【内容情報】(出版社より)
NHK「ダーウィンが来た!」をはじめ、さまざまなTV番組に映像を提供するなど、水中カメラマンの第一人者として活躍を続ける伝説のダイバー=著者が、「故郷の海」東京湾に棲む生物を紹介する。60年間にわたって東京湾の海に潜り続けてきた著者だけが知る、驚くべき生物の生態と近年の海の変化。それらを貴重な多数の写真と文章で綴ります。

また、さまざまな立場で東京湾の海にかかわる方たちに、著者がインタビュー。都心の老舗江戸前寿司店、船宿、釣り具メーカー、漁協、博物館スタッフ、釣り専門出版社、ダイビング雑誌元編集長との縦横無尽なトークも収載しました。

2020年東京オリンピックを間近に、注目が高まりつつある東京湾。その海の本当の素顔は、しかし、意外に知られていません。本書に触れれば、この海が本来もっている豊かな生命力にぐんぐんと心をひかれるはず。

水族館より不思議で楽しいダイナミックな「東京湾の生物のライブ」を凝縮した一冊です!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
潜り続けて60年、伝説のダイバーからのメッセージ。ザトウクジラがジャンプし、ホホジロザメやジンベイザメ、メガマウスも姿を現す!そして東京湾外湾の海底にはお花畑のようなソフトコーラルが広がり…東京湾で、何が起きているのか?あっと驚く海の生物たちの「今」に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 今、東京湾で何が起きているのか?/第2章 生物たちの不思議な生態/第3章 イシダイの次郎物語/第4章 環境に適応する生物たち/第5章 生物たちのセックス事情/第6章 潜って分かる、魚が釣れる理由とは/第7章 東京湾こぼれ話/第8章 対談

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
尾崎幸司(オザキコウジ)
1944年、東京生まれ。十五歳からスキューバダイビングを始める。十七歳で「東京シーハント」ダイビングショップを開く。映像カメラマンとして、オーストラリアやインドネシア、タイ、アメリカ、マレーシアなどを歴訪。貴重な生態を業務用カメラで撮影し、魚類学者から高い評価を受ける。なお撮影の他に、養鰻やドライスーツの開発、公官庁の職員へダイビング指導など、多才ぶりを発揮している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,760円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ