日本経済30年史バブルからアベノミクスまで[山家悠紀夫]
  • Googleプレビュー

日本経済30年史 バブルからアベノミクスまで (岩波新書)
山家 悠紀夫

990円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日本経済30年史 バブルからアベノミクスまで 990円
紙書籍版 日本経済30年史 990円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年10月31日頃
  • 著者/編集:   山家 悠紀夫
  • レーベル:   岩波新書
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  334p
  • ISBNコード:  9784004317999

よく一緒に購入されている商品

  • 日本経済30年史バブルからアベノミクスまで[山家悠紀夫]
  • +
  • 民主主義は終わるのか瀬戸際に立つ日本[山口二郎]
  • 日本経済30年史 バブルからアベノミクスまで (岩波新書)
  • 山家 悠紀夫

990円(税込)

在庫あり

924円(税込)

在庫あり

合計 1,914円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「失われた30年」とも呼ばれ,90年以降,低迷を続ける日本経済.この間,企業業績や私たちの暮らしはどう変化してきたか.豊富なデータにもとづき,30年間の景気の動きを追跡.その時々の政権によって実施された無用の諸「改革」が景気の腰を折り,日本経済の構造をどのように変質させていったのかを浮き彫りにする.
はじめに



1 一九九〇年代以降の日本経済を概観する

第一章 三〇年間で日本経済や暮らしはどう変わったか
 1 景気はどう動いてきたか
 2 日本経済はどう変化してきたか
 3 企業業績はどう変化してきたか
 4 暮らしはどう変化してきたか



2 三〇年間の変化を追っていく

第二章 バブルの発生から,膨張,破裂まで(一九八五〜九〇年)
 1 株価,地価の上昇とバブル化
 2 何がバブルを発生させ,膨張させたか
 3 金融政策,金融行政の転換ーーバブルの破裂へ

第三章 バブル破裂後の七年間(一九九〇〜九七年)
 1 長期に及んだ景気下降期間
 2 九三年一一月以降,それでも景気は回復に向かっていた
 3 金融破綻の発生,高まる危機意識

第四章 橋本「構造改革」政策の実施とその破綻(一九九七〜二〇〇〇年)
 1 橋本内閣の「六つの改革」
 2 「改革」がもたらした景気下降
 3 金融危機の発生,「貸し渋り」「貸し?がし」
 4 「改革路線」の修正による景気回復
 5 「理想はアメリカ」,再び「構造改革」路線へ

第五章 小泉内閣の誕生と本格的「構造改革」政策の実施(二〇〇一〜〇九年)
 1 小泉「構造改革」内閣の発足
 2 「不良債権の処理」という政策
 3 「攻めの構造改革」 --「官から民へ」,そして「規制改革」
 4 景気は輸出主導で回復したが,内需不振が続く
 5 リーマン・ショックによる「構造改革」の矛盾の表面化

第六章 「構 造改革」とは何であったか(第四章〜第五章への補論)
 1 「構造改革」とは何であったのか
 2 「構造改革」は日本経済に何をもたらしたか

第七章 民主党政権の誕生とその自壊(二〇〇九〜一二年)
 1 鳩山内閣,支持率七〇%超での出発から「最低でも県外」実現できずの退陣まで
 2 菅内閣,背信の「新成長戦略」の策定,消費税増税発言による自爆
 3 野田内閣,自公政権への道ならし?--「社会保障と税の一体改革」
 4 民主党政権下の三年三カ月をふり返る

第八章 ア ベノミクス,超金融緩和と三度目の「構造改革」(二〇一三〜一九年)
 1 第二次安倍政権の発足ーー経済政策「アベノミクス」の三つの特徴
 2 アベノミクスの政策1--「大胆な金融政策」をめぐって
 3 アベノミクスの政策2--「機動的な財政政策」「成長戦略」その他
 4 日本経済はどう変化してきたか
 5 アベノミクスは失敗した,それでもまだまだ続きそう
 6 これからの経済と暮らし,どうなる? どうしたらいいか?



3 日本財政をどう捉えるか

第九章 日本は世界一の金余り国ーーギリシアにはならない(第三章〜第八章への補論)


参考文献
おわりに

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「失われた30年」とも呼ばれ、90年以降、低迷を続ける日本経済。この間、企業業績や私たちの暮らしはどう変化してきたか。アベノミクスで豊かさを実感できないのはなぜか。豊富なデータで、30年間の景気動向を分析。歴代の政権による誤った「改革」が景気の腰を折り、日本経済をどのように変質させたかを浮き彫りにする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 一九九〇年代以降の日本経済を概観する(三〇年間で日本経済や暮らしはどう変わったか)/2 三〇年間の変化を追っていく(バブルの発生から、膨張、破裂まで(一九八五〜九〇年)/バブル破裂後の七年間(一九九〇〜九七年)/橋本「構造改革」政策の実施とその破綻(一九九七〜二〇〇〇年)/小泉内閣の誕生と本格的「構造改革」政策の実施(二〇〇一〜〇九年)/「構造改革」とは何であったか(第四章〜第五章への補論)/民主党政権の誕生とその自壊(二〇〇九〜一二年)/アベノミクス、超金融緩和と三度目の「構造改革」(二〇一三〜一九年))/3 日本財政をどう捉えるか(日本は世界一の金余り国ーギリシアにはならない(第三章〜第八章への補論))

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山家悠紀夫(ヤンベユキオ)
1940年、愛媛県生まれ。神戸大学経済学部卒業。1964年、第一銀行に入行。1991年、第一勧業銀行調査部長、1994年、第一勧銀総合研究所専務理事、2001年、神戸大学大学院経済学研究科教授などを歴任。現在、「暮らしと経済研究室」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • あてが外れた残念な一冊
    mz1104
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2020年01月09日

    平成から令和に代わり、ここで平成の30年間が何であっただろうと思い返す人も多いのではないでしょうか。私もその一人で、本書のタイトルは魅力的に見えるのですが、しかし、読んだ結果はガッカリ。30年間の政権、政策、出来事を追う、内容が表層的なのです。この30年間に進んだ円高。回復しない経済成長。そして、ゼロから10%に成長した消費税。平成を俯瞰しての評価を期待したのですが、あてが外れ、私には残念な一冊となってしまいました。著者もあとがきで、日本はどうしてこうなってしまたのだろうと不満足感の方が強いと語っているのですから、期待する方が無理というもでした。また、イデオロギーのバイアスがかかってるなと感じるところがあり、イデオローグを払拭しないと経済は見えてこないという考えを、より深めた結果となりました。
    ただし、金融機関の不良債権処理問題に関する見解は興味深く読めました。著者のバンカーとしての経験からでしょうか。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2020年03月30日 - 2020年04月05日)

     :第-位( - ) > 新書:第2473位(↑) > ビジネス・経済・就職:第181位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      鬼滅の刃 片羽の蝶
      鬼滅の刃 片羽の蝶

      吾峠 呼世晴

      770円(税込)

    2. 2
      ONE PIECE novel LAW
      ONE PIECE novel LAW

      尾田 栄一郎

      814円(税込)

    3. 3
      空気を読む脳
      空気を読む脳

      中野 信子

      946円(税込)

    4. 4
      ケーキの切れない非行少年たち
      ケーキの切れない非行少年たち

      宮口 幸治

      792円(税込)

    5. 5
      頭のよさとは「説明力」だ
      頭のよさとは「説明力」だ

      齋藤孝

      1,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ