秋のレシピ本フェア2021
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > その他
道徳回帰とモダニティデュルケームからハバーマスールーマンへ[三上剛史]
  • Googleプレビュー

道徳回帰とモダニティ デュルケームからハバーマスールーマンへ
三上剛史

3,410(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2003年10月
  • 著者/編集:   三上剛史
  • 出版社:   恒星社厚生閣
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  204p
  • ISBN:  9784769909897

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

遺伝子操作や環境問題、グローバル化などの、まったく新しい問題群と直面せざるをえないわれわれが目指すべきことは、近代の成果を基礎にしたうえでの近代批判であり、解決困難な問題を「前近代」に投げ込んで宗教や共同体に回帰したり、「心」や「人間性」などの、それ自身が近代精神の産物であるような実体化された言葉の操作で誤魔化したりすることではないはずである。現代のような時代であるからこそ、道徳に可能なこととそうでないこととの区別を明確にし、道徳という概念が引きずっている枷から社会と人間を解き放つことが求められねばならない。これはまた、現代社会の中で道徳の場所をそれにふさわしい形で確保することでもある。本書ではこのような理論的営みを、デュルケームからユルゲン・ハバーマスとニクラス・ルーマンへという方向を念頭に置いたうえで幾つかの角度から考察し、道徳の持つ可能性について検討を加えたい。本書の課題は、「社会は道徳的存在である」という前提を疑うことにある。全体は三部構成になっており、第一部では道徳を、第二部では公共性を、第三部では社会理論の規範主義的理論構成を扱う。三つの部分はそれぞれ相対的に独立したまとまりを持った論考であるが、全体の主題は「道徳」である。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 道徳論の社会学的地平とモダニティ(道徳回帰の理論的布置/道徳論のルーマンとハバーマス/道徳論の地平と近代)/第2部 公共性の理論と構造(公共性概念とモダニティ/公共性論の構図と共同性)/第3部 社会学と規範主義的理論構成(デュルケームからパーソンズを経てハバーマスとルーマンへ/「大きな物語」なき後の社会学とシステム理論)

著者情報(「BOOK」データベースより)

三上剛史(ミカミタケシ)
1952年京都市生まれ。京都大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程中退。現在、神戸大学国際文化学部教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ