本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 伝記(外国)
大内義隆類葉武徳の家を称し、大名の器に載る(ミネルヴァ日本評伝選)[藤井崇]
  • Googleプレビュー

大内義隆 類葉武徳の家を称し、大名の器に載る (ミネルヴァ日本評伝選)
藤井 崇

3,850(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (全集・双書)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

「文治派」義隆は虚像だったのか?
富と栄達を叶えた男の真実に迫る。

大内義隆(1507年から1551年)戦国大名。
石見銀山の経営や、遣明船貿易を行い、周防山口を西の京と呼ばれるほど繁栄させた義隆。朝廷との交流を深め一族で高い官位を授与された事実や、文治派のイメージを払拭するほどの数々の武功にも焦点を当て、その生涯に迫る。
はしがき

序 章 栄光の分国

第一章 治世の開始
 1 代替わり徳政
 2 肥前国少弐家との戦い
 3 細川高国の戦死
 4 豊後国大友義鑑の策謀

第二章 北九州の戦乱
 1 戦況の変化
 2 戦局の好転
 3 将軍の上使
 4 大宰大弐の含意

第三章 安芸の戦乱
 1 大内家諸大夫と率兵上洛計画
 2 外交の虚と実
 3 それぞれの本音
 4 尼子詮久の「安芸遠征」

第四章 「出雲遠征」の失敗
 1 吉田郡山の攻防
 2 「出雲遠征」の開始
 3 出雲国月山富田城の戦い

第五章 分国の再建
 1 山口における警察・検察業務
 2 龍造寺氏の浮沈
 3 客将胤栄
 4 兵部卿*義隆

第六章 戦勝と終極
 1 終わりのはじまり
 2 御家競望
 3 二階崩れの余波
 4 獲麟のとき

終 章 義隆の残照と余徳

参考文献
典拠史料の略称
あとがき
大内義隆略年譜
事項索引
人名索引

内容紹介(「BOOK」データベースより)

大内義隆(一五〇七〜一五五一)戦国大名。石見銀山の経営や、遣明船貿易を行い、周防山口を西の京と呼ばれるほど繁栄させた義隆。朝廷との交流を深め一族で高い官位を授与された事実や、文治派のイメージを払拭するほどの数々の武功にも焦点を当て、その生涯に迫る。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 栄光の分国/第1章 治世の開始/第2章 北九州の戦乱/第3章 安芸の戦乱/第4章 「出雲遠征」の失敗/第5章 分国の再建/第6章 戦勝と終極/終章 義隆の残照と余徳

著者情報(「BOOK」データベースより)

藤井崇(フジイタカシ)
1978年山口県生まれ。2009年一橋大学大学院博士課程単位取得退学。博士。日本学術振興会特別研究員PD(2011〜13年度)。現在、聖徳大学・東海大学・立教大学・明治大学・東北学院大学兼任講師・千葉大学非常勤講師。専門は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ