本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > その他

最強のエンジニアになるためのプレゼンの教科書
亀山

1,760(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2019年12月02日頃
  • 著者/編集:   亀山(著)
  • 出版社:   マネジメント社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  178p
  • ISBN:  9784837804932

よく一緒に購入されている商品

  • 最強のエンジニアになるためのプレゼンの教科書[亀山]
  • +
  • 最強のエンジニアになるための話し方の教科書[亀山雅司]
  • 最強のエンジニアになるためのプレゼンの教科書
  • 亀山

1,760円(税込)

在庫あり

1,760円(税込)

在庫あり

合計 3,520円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

話下手・プレゼン下手のエンジニア向けの教科書(シリーズ2作目)

内容紹介(「BOOK」データベースより)

技術畑50年の現役エンジニアが導き出した「大勢の人に伝える」コツを実例で学ぶ。

目次(「BOOK」データベースより)

プロローグ エンジニアとして「伝わるプレゼン」の重要性を知る/第1章 会場の反応がない!失敗プレゼン7つの事例/第2章 プレゼンはこれだけ押さえれば大丈夫!/第3章 「感動」「笑い」の感情を設計する!/第4章 「環境」もあなたの味方に!/第5章 こんなに変わる!プレゼン事例/第6章 プレゼンのエクササイズ(例題と回答例)/エピローグ プレゼン力×技術力=最強のエンジニア!

著者情報(「BOOK」データベースより)

亀山雅司(カメヤママサシ)
1965年、兵庫県姫路市生まれ。5歳からエンジニア一筋。1990年、大阪大学大学院工学研究科溶接工学専攻修士課程修了。関西電力(株)勤務、大阪大学大学院招へい准教授を経て、現在、原子力安全推進協会に勤務。原子力発電設備の設計、許認可実務に関わる。工学博士、技術士(原子力・放射線)取得後に過労に陥り、35年間取り組んだ「ディベート」による論破を目的とする「技術の説明」の限界に直面する。その後、技術の「新しい伝え方」を探求し、2016年に「ラポール」を用いた解決を目的とする説明法の理論と実践法を完成。エンジニアの話し方、プレゼンのトレーニングを通じて、エンジニアが技術力を発揮し、幸せに活躍する社会の実現に邁進している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー(2件)

  • 会場の人の心をひきつけるプレゼン
    0nion
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月05日

    プレゼン割と得意なほうだと思っていましたが、こんな感動的なプレゼンがあるのかと思い知らされました。プレゼンの中身だけでなく、始めの挨拶の仕方、会場設営や練習の仕方、ヒット率100%のジョークの作り方まで事例をふんだんに交えて書かれていて、初めてプレゼンの何たるかを学ぶことができました。今まで我流でやってきたのが恥ずかしく、10年前に本書に巡り合いたかったです。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年01月27日

    一読して,やはりプレゼン,このことに尽きます.

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ