本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > ホビー・スポーツ・美術

自画像のゆくえ (光文社新書)
森村泰昌

1,650(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2019年10月17日頃
  • 著者/編集:   森村泰昌(著)
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  632p
  • ISBN:  9784334044374

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

自撮り時代の「わたし」をめぐる物語。セルフポートレイト写真(自画像的写真)をつくりつづけてきた美術家が約600年の自画像の歴史をふりかえりながら綴る「実践的自画像論」。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 自画像のはじまりー鏡の国の画家/第2章 カラヴァッジョーナイフが絵筆に変わるとき/第3章 ベラスケスー画家はなぜ絵のなかに登場したのか/第4章 レンブラントーすべての「わたし」は演技である/第5章 フェルメールー自画像を描かなかった画家について/第6章 ゴッホーひとつの「わたし」をふたつの命が生きるとき/第7章 フリーダ・カーローつながった眉毛のほんとうの意味/第8章 アンディ・ウォーホルー「シンドレラ」と呼ばれた芸術家/第9章 さまよえるニッポンの自画像ー「わたし」の時代が青春であったとき/終章 最後の自画像

著者情報(「BOOK」データベースより)

森村泰昌(モリムラヤスマサ)
1951年、大阪市生まれ。美術家。京都市立芸術大学美術学部卒業、同大学美術学部専攻科修了。’85年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真『肖像・ゴッホ』を発表。以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品をつくりつづける。国内外で多くの展覧会を開催。ヨコハマトリエンナーレ2014ではアーティスティック・ディレクターを務める。2016年、「森村泰昌:自画像の美術史ー『私』と『わたし』が出会うとき」(国立国際美術館)を開催。’18年、大阪北加賀屋に「モリムラ@ミュージアム」をオープン。著書多数。’11年、一連の芸術活動により紫綬褒章を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.83

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと8

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      世界は経営でできている
      世界は経営でできている

      岩尾 俊兵

      990円(税込)

    2. 2
      職場を腐らせる人たち
      職場を腐らせる人たち

      片田 珠美

      990円(税込)

    3. 3
      名探偵コナン 100万ドルの五稜星
      名探偵コナン 100万ドルの五稜星

      水稀 しま

      880円(税込)

    4. 4
      老いた今だから
      老いた今だから

      丹羽 宇一郎

      1,034円(税込)

    5. 5
      犯罪心理学者は見た危ない子育て
      犯罪心理学者は見た危ない子育て

      出口保行

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ