楽天Kobo初めての方限定!条件達成で楽天ブックスでのお買い物がポイント10倍
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学
医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる[藤川徳美]
  • Googleプレビュー

医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる
藤川徳美

1,430(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年12月03日頃
  • 著者/編集:   藤川徳美
  • 出版社:   方丈社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  1300p
  • ISBN:  9784908925597

商品説明

内容紹介(出版社より)

病院では治らない不調や病も、諦めないでください。
うつ、リウマチ、発達障害、アトピー、神経難病、認知症、がん……。
すべての慢性疾患は「タンパク質、鉄、メガビタミン」で自ら治す。
『うつ消しごはん』の藤川徳美による「藤川メソッド」の決定版!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

うつ、パニック、摂食障害、リウマチ、発達障害、アトピー性皮膚炎、神経難病、認知症、がんetc.すべての慢性疾患は、タンパク質・鉄・メガビタミンで自ら治す!

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 基礎編・質的栄養失調はタンパク質が治す(バランス良く食べている人はみな栄養失調/タンパク質を摂る)/第2章 分子栄養学の実践。自分で治すメガビタミン(鉄を満たす/ATPを増やす ほか)/第3章 日本の医師はなぜ栄養のことを知らないのか(ビタミンへの攻撃/日本の課題)/第4章 分子栄養学に基づいた慢性疾患の症例集(ADHD傾向の5歳の男の子、1年間のプロテイン+メガビタミンですごいことになった/アルツハイマー病も3カ月間の治療で改善 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

藤川徳美(フジカワトクミ)
精神科医、医学博士。1960年、広島県生まれ。1984年、広島大学医学部卒業。広島大学医学部附属病院精神神経科、県立広島病院精神神経科、国立病院機構賀茂精神医療センターなどに勤務。2008年に「ふじかわ心療内科クリニック」(広島県廿日市市)を開院(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(65件)

総合評価
 4.37

ブックスのレビュー(53件)

  • 治したいと本気で望むなら実行あるのみ
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月16日

    前作、前々作と購入してきました。
    9年前、出産後に産後うつになり、その時は心療内科での投薬を半年ほど続けて治りました。
    が、6年程まえからパニック障害になりました。
    最初は軽い症状だったので、自分がパニックだとは認めたくない気持ちもあり、放置…
    今年になり、激しい発作に数回襲われ、救急病院へ運ばれた事もありました。
    予期不安、焦燥感も強まり、このままでは自分の人生どうなってしまうのだろうと心配になり、色々調べてこちらの藤川先生の著書を藁にもすがる思いで読みました。
    昔から、疲れやすく、やる気もない、物事が続かない、PMSも年々強くなる、不安感も強く、緊張しがち、立ちくらみや目眩も日常茶飯事だった私…
    学生時代には、不登校にもなったことがあります。
    もしかしたら、鉄とタンパク質が不足していたのかもしれない!と気づいた時の衝撃はとても大きかったです。
    近所の心療内科でフェリチンを測ってもらうと、12!
    BUNは13という、重度の鉄、タンパク不足でした…
    色々な不調の原因が分かり、ものすごく納得したと同時に安心しました。
    早速、先生オススメのプロテインとサプリを始めました。私は幸い、プロテインを最初から規定量飲めたので今は体重✖1.5の量を飲むようにしています!
    まだ始めて4ヶ月弱なので、気分には波がありますが、下記の点が改善されました。
    ・甘いものが欲しくなくなった→自然に標準体重まで痩せた
    ・頭痛がしなくなった
    ・目眩、立ちくらみがなくなった
    ・PMSのコントロール出来ないくらいのイライラが全く無くなった
    ・寝付きが良くなった
    ・肩こりが良くなった
    ・肌が明るくなってきた
    パニック障害については、抗不安薬と並行しながら、長年の鉄、タンパク不足を気長に治していこうと思っています!プロテインを飲む事で、薬の効きも良くなるそうなので、これからも続けて、まずは減薬出来ることを目標にしています!
    母にも勧めたら、何をやっても改善しなかった便秘が治ったと喜んでいます。
    アトピーに長年悩んでいた母の知人のお孫さんにもプロテインを勧めたら、あっという間に良くなった!と感謝されたそうです!
    長々と書きましたが、別に難しいことはありません。自分の身体が健康でいられるなら、プロテインとサプリを続けるなんて簡単です!

    6人が参考になったと回答

  • パニック障害が治りました。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年01月14日

    30代前半、女です。
    一人目妊娠中にパニック障害になりました。
    医者から診断された訳ではないですが、車の運転中、特に高速道路やトンネルの中でひどい動悸やめまいがする、会議室・バス、電車等の人がたくさんいる閉ざされた空間で動悸がする、人に注目されると息が詰まる、等の症状が出て日増しにひどくなっていきました。
    精神的なものかと思っていたのですが、偶然著者の先生のブログを見つけすぐに実行しました。今思えば私は中学生の時にひどい氷食症になったことがあり、あの頃から鉄、たんぱく質不足だったのだと思います。
    妊娠中ということもあり、最初はプロテインやサプリを飲むことに戸惑いもあったのですが、先生は妊婦の適量も書いてくださっていたのでそちらを参考に飲み始めました。私は元々肉が好きだったので量を食べれましたし、プロテインも最初から規定量を飲めました。
    その為かあっという間にパニック障害の症状が無くなりました。産まれてきたこどもも元気です。その後二人目も妊娠、出産しましたがプロテイン、サプリを継続していたのでパニック障害の再発はなし。今も続けています。
    子供には高たんぱく食を意識しています。
    先生には本当に感謝です。
    今は10代の頃から悩んでいるひどい手荒れの改善に向けてこの本でもっと勉強しようと思います。
    色々な不調に悩んでる全ての方に読んで実践していただきたいです。

    4人が参考になったと回答

  • ホエイプロティン開始してから 追記
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年07月23日

    2年前から鬱と不安感で、薬を飲んでいる60歳女です。症状は落ち着いているが、やる気が出ないとドクターに話すと、コロナのせいか飲んでいたミルタザピン15を半分にしなさいと実行したら、夜中に寝汗で途中覚醒してその後神経がギンギンで眠れず翌朝ものすごい倦怠感で起きていられなく、指示のもともとに戻すも1ヶ月は不調が続き。これは減薬による離脱なのかと初めて向精神薬、抗不安薬(ベンゾ系も含めて)減薬、断薬をしたいと思った所藤川先生のブログからこの本を購入。低脂肪牛乳は飲めるのでビーレジェンドのホエイプロティン20*2を一週間始めたら所ですが、なんだか朝のだるさが重くなって来てるので肝臓とかに負担がかかっているのかなと不安になってる所。このまま続けていいか、一旦止めてみるか思案中。口コミにはその様な事例がないので困った。これから、ビタミンや鉄等も飲もうと考えていたので、どうしたものか。
    追記
    始めは、上記のように半信半疑でしたが、3ヶ月続けて今はプロテイン20×1、アイアン、ビタミンC、ナイアシンアミド、ビタミンB 各2錠
    寝る前にビタミンE1錠飲んでいます。プロテインは2回にすると胃がもたれるので1回です。ビタミンEはアイアンを飲んでから5時間後なよで、他のサプリは1日2回です。糖質制限も緩やかにして、体重も減り始めました。
    結果、大変元気になりました。昼に飲んでいたアモキサンと不安薬も朝飲むだけに減らしても、問題なくジムにも通えて体力がつきました!
    素晴らしいことです。藤川理論は正解です!
    やはり、すぐに効果を期待すると不安になりますが時間をかけて続ければ、薬いらずになると思います。
    精神的にも余裕がでて、コロナ禍でも日々楽しく過ごせています。
    ありがとうございます。藤川先生

    3人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ