本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
着物憑き[加門七海]
  • Googleプレビュー

着物憑き
加門 七海

1,540円(税込)送料無料

消費税率の変更について

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2019年11月26日
  • 著者/編集:   加門 七海
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784087880250

商品説明

【内容情報】(出版社より)
私が引き寄せられるのは、古いものばかり。物も着物も、幽霊もーー。
日本古来の呪術・風水・民俗学などに造詣が深く、豊富な心霊体験を持ち、様々な分野で活躍する作家・加門七海氏。
日常的に着物やアンティークを身につける本人の実体験や見聞きした逸話の数々……着物をめぐる怪しくも深遠な世界が綴られる十一章。
以下、章題。

「帯留」戦火を逃れた鮎の帯留。見た瞬間、自分のものならぬ言葉がーー。
「振袖」実家の箪笥を開けると、祖母の形見だという着物が見つかりーー。
「古着」市松人形のために手に入れた着物。夜、袖から白い女の手がーー。
「足袋」近所の路地沿いある、廃工場の駐車場。奥の闇に見えたのはーー。
「衣擦れ」眠りに入りしばらく経った頃。衣擦れの音に目が覚めてーー。
「糸」その姿を見た前後から、急速にアンティーク着物に気持ちが傾きーー。
「東と西」生地も染めも見事な着物なのに、誰もが試着後に首を傾げーー。
「帯」最初から“体を巻くもの"として存在する帯。そのため蛇と化しーー。
「帷子」京都帷子ノ辻。空き地の木の枝に下がっていたのはーー。
「薄物」友人の祖母の遺品。美しい振袖がいつの間にか見当たらなくなりーー。
「文様」時を超え伝えられる数々の文様。それぞれに意味が込められーー。

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年11月11日 - 2019年11月17日)

     :第-位( - ) > 小説・エッセイ:第1451位(↓) > その他:第259位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

予約受付中

発売日以降のお届け

発売日よりも後のお届けになる可能性があります。

1,540円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      白銀の墟 玄の月 第四巻
      白銀の墟 玄の月 第四巻

      小野 不由美

      825円(税込)

    2. 2
      白銀の墟 玄の月 第三巻
      白銀の墟 玄の月 第三巻

      小野 不由美

      737円(税込)

    3. 3
      【予約】私、息してる?
      【予約】私、息してる?

      てんちむ

      1,320円(税込)

    4. 4
      偽善者たちへ
      偽善者たちへ

      百田 尚樹

      858円(税込)

    5. 5
      【入荷予約】白銀の墟 玄の月 第一巻
      【入荷予約】白銀の墟 玄の月 第一巻

      小野 不由美

      737円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ