本屋大賞決定!
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 犯罪
下手くそやけどなんとか生きてるねん。薬物・アルコール依存症からのリカバリー[渡邊洋次郎]
  • Googleプレビュー

下手くそやけどなんとか生きてるねん。 薬物・アルコール依存症からのリカバリー
渡邊洋次郎

1,980(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年11月10日頃
  • 著者/編集:   渡邊洋次郎
  • 出版社:   現代書館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  232p
  • ISBN:  9784768458716

商品説明

【内容情報】(出版社より)
中学生のときに不良グループから強制的にシンナーを吸わされ、鑑別所、少年院へ。18歳でホストになったことをきっかけに酒に溺れ、アルコール依存症等で精神病院への入退院は48回。30歳で窃盗などで刑務所にも3年間服役。末期がんの父親の最期にも立ち会わず仲間と薬物にふけり、家族とも断絶。出所後、「リカバリハウスいちご」とつながり、ピアカウンセリングや就労支援を受け、10年以上をかけて少しずつ回復。現在は、同団体員として働いている。当事者の立場から、アルコール・薬物依存の治療の場である精神科医療の閉鎖病棟、保護室、拘束帯など、様々な人権侵害を指摘。依存症回復者が地域社会で生きる際の課題、家族・医療者・支援者の心構え、日本の依存症対策の問題点なども列挙。
第1部 ある依存症者の生き様ーーリカバリー、それは「生きる」ことへの根源的な問い掛け
 第1章 生きづらさを非行で表現していた幼少期〜思春期
 第2章 アルコールに溺れ、精神科・刑務所を入退院、自傷を繰り返した青年期
 第3章 リカバリハウスいちごとの出会い
 第4章 ピアサポートとは

第2部 依存症からの回復のために必要なことーー当事者として、支援者として、社会に向けての提言
 第1章 依存症者としての自分自身を振り返って
 第2章 依存症者としての経験から支援を考える
 第3章 依存症者として生きる私からの社会への提言

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
精神科病院入退院、48回。刑務所、3年服役。「施設太郎」だった私の、生き直しの道。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 ある依存症者の生き様ーリカバリー、それは「生きる」ことへの根源的な問い掛け(生きづらさを非行で表現していた幼少期〜思春期/アルコールに溺れ、精神科病院入退院・刑務所服役、自傷を繰り返した青年期/リカバリハウスいちごとの出会い/ピアサポートとは)/第2部 依存症からのリカバリーのために必要なことー当事者として、支援者として、社会に向けての提言(依存症者としての自分自身を振り返って/依存症者としての経験から支援を考える/依存症者として生きる私からの社会への提言)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
渡邊洋次郎(ワタナベヨウジロウ)
1975年、大阪府生まれ。介護福祉士。十代から鑑別所入所、少年院入院を繰り返す。二〇歳からアルコール依存症等で精神科病院へ四八回入院。三〇歳からの刑務所服役後、自助グループへつながり、回復の道を歩み始める。現在、依存症回復支援施設で職員として働きながら、啓蒙活動や海外の自助グループとの交流を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 5.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ