本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
OPENNESS職場の「空気」が結果を決める[北野唯我]
  • Googleプレビュー

OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める
北野 唯我

1,650円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める 1,485円
紙書籍版 OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める 1,650円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年11月29日頃
  • 著者/編集:   北野 唯我
  • 出版社:   ダイヤモンド社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784478108819

よく一緒に購入されている商品

  • OPENNESS職場の「空気」が結果を決める[北野唯我]
  • +
  • 1兆ドルコーチシリコンバレーのレジェンドビル・キャンベルの成功の教え[エリック・シュミット]
  • OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める
  • 北野 唯我

1,650円(税込)

在庫あり

1,870円(税込)

在庫あり

合計 3,520円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
膨大な現役社員・OB社員の口コミデータから、業績の落ち込みから回復した企業、好調を維持している企業に共通の傾向がわかってきた。

それは、オープネス(風通しの良さ)。
この組織戦略の新しいキーワードをベストセラー著者、北野唯我氏が独自の視点から解説。
「会社の空気」をデータで可視化した画期的1冊。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「職場の空気」と「企業の業績」には、強い関係がある。「風通しが悪い」のに、「社員の士気が高い」会社はほぼ存在しない。「給料」と「社員の士気」はあまり関係ない。オープネスは、「高ければ高いほどいい」わけではない。リーダーの真価は「失敗が起こったときどう対応するか」ではかれる。オープネスを「組織のカナリア」として使うことで、業績の悪化を防げる。事業再生に成功する組織は「士気の高い部署」から変革する…『転職の思考法』で日本人の働き方に変革を起こした著者によるまったく新しい組織の教科書!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 オープネスの発見(「株価当てゲーム」に私が猛烈にハマったワケ/見えなかった「職場の空気」が可視化されつつある ほか)/第2章 オープネスとは何か(なぜ人は社員のクチコミをのぞきたがるのか/「経営開放性」「情報開放性」「自己開示性」とは何か ほか)/第3章 オープネスをどう高めるか(オープネスを「邪魔しているもの」は何か/オープネスを阻む罠(ダブルバインド「言行不一致」が人の心を蝕む/トーション・オブ・ストラテジーー「戦略わかったふりおじさん」が組織を壊す/オーバーサクセスシェアーリーダーは失敗例こそシェアせよ) ほか)/第4章 オープネスをどう使うか(ウサギの生存戦略に学べ/オープネスは「組織のカナリア」 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
北野唯我(キタノユイガ)
兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。執行役員として事業開発を経験し、現在同社の最高戦略責任者、子会社の代表取締役を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.92

ブックスのレビュー

  • ビミョー。
    購入者さん
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2020年01月26日

    とても期待して購入したんですが、ビミョーでした。結局よくわからない。わかるけど、わからない。結局のところ、どーすりゃいーの?って感じでした。もっと具体的な内容を期待していました。

    0人が参考になったと回答

  • 目に見えない雰囲気を指標で表現した発明!
    グリーンティは〜い!
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月01日

    抽象的な概念でしかなかった「組織の風通しの良さ」をe-NPSのデータに基づき数値化指標で見える化する!
    著者の別作品「分断を生むエジソン」を具現化しており、正に「分断を繋ぐエジソン」です。
    「組織よりも事業が大事」が大前提で、「組織のカナリア」でもあるオープネスが解明されます。
    双方向のコミュニケーションや社員の相互尊重が有効で、「自分をさらけ出してもいい」では、ウンウンとうなずきました!
    前作「天才を殺す凡人」でも出てきた
    創造性+再現性+共感性が、組織が大きくなるほど、
    期待値(従業員が発揮したい才能の量) >>>
    実態(経営側が必要とする才能の量)
    で、府に落ちました!
    「職場環境のデータは世代を繋ぐバトン」として、「オープネス革命」が一般用語になる日を切望します。
    新しいことを分かりやすい順番で書かれており、素直に読んでいくことができました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,650円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ