秋のレシピ本フェア2021
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 労働
仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ![小島慶子]
  • Googleプレビュー

仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!
小島 慶子

1,540(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2019年11月15日頃
  • 著者/編集:   小島 慶子
  • 出版社:   日経BP
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784296104581

商品説明

内容紹介(出版社より)

私も夫も、何度も泣いた。
これほど濃密で激情に満ちた時間を、
他の誰とシェアしただろうか。--

2人の子どもの母である小島慶子さんが、6年にわたり綴ってきた
日経DUALの好評連載を単行本化!

産後クライシス、キャリア停滞、育児の不条理、罪悪感…
大変すぎて、ときに泣きたくなる「共働き共育て」のつらさに寄り添い、
子育て期にだけ得られる大きな喜びや幸せに気づかせてくれる1冊

「小島さんの言う、本音と連帯があれば、男性も夫婦も変わるのではないか。」
ーー中田敦彦

「娘の世代に持ち込みたくないこと、たくさんある。でも、心強くなりました!」
ーー犬山紙子

内容紹介(「BOOK」データベースより)

仕事に保育園の送迎に家事、育児、急な病気…。この大変さはいつまで続くの?でも、子育ては最高にクリエイティブで濃密な経験。親は時々、疲れ切ってしまうけれど、子どもは思いを受け取っている。完璧でなくとも、ちゃんと届いているのだ。

目次(「BOOK」データベースより)

1 夫婦の話ー夫婦の在り方って?につくづく思うこと(「崖っぷち共働き親」の罪悪感と幸福/夫に「肩書き」がなくてもいいじゃない ほか)/2 仕事の話ー大黒柱ワーママをしながら考えてきたこと(「ワーク・ライフ・バランス大嫌い」の方へ/同期が勤続20年!今振り返る会社員生活 ほか)/3 子育ての話ー子どもから教わったこと、子に伝えたいこと(「料理は愛情!」の押しつけはうんざり/入園前の親御さん、ハグしてチューしよう! ほか)/4 社会の話ーパースで、日本で、飛行機で、社会について思うこと(住めば都ってそういう意味だったのか/認知症の孤独を、自分の視点で捉えてみた ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

小島慶子(コジマケイコ)
エッセイスト、タレント。東京大学大学院情報学環客員研究員。昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員、NPO法人キッズドアアドバイザー。1972年オーストラリア生まれ。95年学習院大学卒業後、TBS入社。アナウンサーとしてテレビ、ラジオに出演。99年、第36回ギャラクシーDJパーソナリティ賞受賞。2010年に独立後は各メディア出演、講演、執筆など幅広く活動。14年、オーストラリア・パースに教育移住。自身は日本で働きながら、夫と息子たちが暮らすオーストラリアと往き来する生活。連載、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.5

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ