現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 文学 > その他
素朴で平等な社会のためにウィリアム・モリスが語る労働・芸術・社会・自然[ウィリアム・モリス]
  • Googleプレビュー

素朴で平等な社会のために ウィリアム・モリスが語る 労働・芸術・社会・自然
ウィリアム・モリス

1,980(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
デザイナーとして世に知られているウィリアム・モリスですが、その人生の後半を社会変革に献身したことは、あまり知られていません。工芸職人であり芸術家であるからこそ、すべての人間が地球上で楽しく美しく生きる平等な社会を願ったモリス。その実現をめざして、全国を駆けめぐっておこなった講演の代表的なものを、この本で取り上げました。

本書の翻訳にあたっては、ノーマン・ケルヴィン編集の『William Morris on Art and Socialism』、メイ・モリス編集の『The Collected Works of William Morris』22巻、23巻、メイ・モリス著の『William Morris:Artist, Writer, Socialist』2巻、フィリップ・ヘンダーソン編集の『The Letters of William Morris to his Family and Friends』所収の論文を底本としました。
1 私はいかにして社会主義者になったか(1894年)
2 小芸術(1877年)
3 不当な戦争ー英国の労働者たちへ(1877年)
4 民衆の芸術(1879年)
5 金が支配する世の芸術(1883年)
6 意味のある労働と無意味な労苦(1884年)
7 芸術の目的(1886年)
8 未来の社会(1887年)

各論文の背景と解説
訳者あとがき

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 私はいかにして社会主義者になったか(1894年)/2 小芸術(1877年)/3 不当な戦争ー英国の労働者たちへ(1877年)/4 民衆の芸術(1879年)/5 金が支配する世の芸術(1883年)/6 意味のある労働と無意味な労苦(1884年)/7 芸術の目的(1886年)/8 未来の社会(1887年)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
モリス,ウィリアム(Morris,William)
1834年〜1896年。詩人、工芸職人、デザイナー、社会主義者、環境問題活動家、小説家、出版者として、19世紀の英国社会に多大な影響を与えた。デザイナーとしての側面だけでなく、人生の後半に、不平等な社会の変革や環境保護のために献身したことが、とくに最近注目されている

城下真知子(シロシタマチコ)
京都教育大学卒業後、労働組合に勤務。退職後、英国ラフバラ(Loughborough)大学で研究し博士号(PhD)取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ