道路の権力
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 建設工学

道路の権力 道路公団民営化の攻防1000日
猪瀬直樹

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年11月15日
  • 著者/編集:   猪瀬直樹
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  469p
  • ISBNコード:  9784163654003

商品説明

■内容紹介■
経世会支配の打破を狙う首相から道路公団民営化委員会の委員に抜擢された著者が見た、権力中枢の闘い、秘密、裏切り、その全ドラマ


「道路こそが政治であり、富の分配であり、すべての権力の源である」
 その権力の中枢に当事者として斬り込んでいった猪瀬直樹氏によるノンフィクションが本書。『日本国の研究』で特殊法人による税金の無駄遣いを明らかにした猪瀬氏は、今度は政策の立案者として、小泉総理に道路公団の民営化の方策を探るよう頼まれます。いま、日本で権力のありかが軋(きし)みをたてて変わりつつあることを、当事者ならではの筆致で書き下ろします。(SS)【出版社からの情報】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『日本国の研究』で特殊法人というこの国の病巣を初めて明るみに出した猪瀬直樹が道路公団という最大の権力の解体に挑むー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 行革断行評議会篇(聖域に挑む/実力者たち/九三四二キロという旗/変人の戦術)/第2部 道路公団民営化委員会篇(民営化委員会発足/総裁たちの弁明/「凍結」の道路/論破/最終答申/国民の選択)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
猪瀬直樹(イノセナオキ)
作家。1946年、長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。特殊法人の不正にまみれた非効率な世界を初めて明るみに出した『日本国の研究』で96年度文芸春秋読者賞受賞。小泉内閣が成立するとただちに行革断行評議会のメンバーとして特殊法人等の廃止・民営化に取り組む。2002年6月、道路関係四公団民営化推進委員会委員に任命された。『日本国の研究』で外から精査した日本の権力構造を、『道路の権力』で初めて内部から描き、新境地を拓いている。2002年11月に『日本の近代猪瀬直樹著作集』(全12巻)が完結。政府税制調査会委員、東京大学客員教授などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 2.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ