資格・検定本フェア2022
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 政治

全体主義の中国がアメリカを打ち倒す ディストピアに向かう世界
副島隆彦

1,760(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年01月
  • 著者/編集:   副島隆彦
  • 出版社:   ビジネス社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  254p
  • ISBN:  9784828421544

よく一緒に購入されている商品

  • 全体主義の中国がアメリカを打ち倒すディストピアに向かう世界[副島隆彦]
  • +
  • 米中激突恐慌板挟みで絞め殺される日本(単行本)[副島隆彦]
  • 全体主義の中国がアメリカを打ち倒す ディストピアに向かう世界
  • 副島隆彦

1,760円(税込)

在庫あり

1,870円(税込)

在庫あり

合計 3,630円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

金融、情報、技術の覇権が大移動する2020年、その時日本はどうすべきか?

監視社会、人種差別、情報統制、強権政治・・・・・・
それでも世界は中国化、ディストピア化していく!


全体主義(トータリタリアニズム)という言葉は、
そのまま共産主義(コミュニズム)
という言葉と置き換えても構わない。
この全体主義国家の別名がディストピア(dystopia)である。
ディストピアはユートピア(理想郷)の反対語である。
私たち人類が向かっている方向は、
どうも理想社会の実現ではなくて、
その反対のディストピアであるようだ。「絶望郷」である。
ーーー「本文」より

内容紹介(「BOOK」データベースより)

監視社会、人種差別、情報統制、強権政治…それでも世界は中国化、ディストピア化していく!金融、情報、技術の覇権が大移動する2020年、そのとき、日本はどうすべきか?

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 中国のディストピア化を追いかける世界/第2章 貿易戦争から金融戦争へと移り変わった米中対決の構図/第3章 中国は最早アメリカとの力相撲を恐れない/第4章 中国にすり寄る韓国、北朝鮮と台湾を巡るつばぜり合い/第5章 中国の膨張を招き込んだアメリカの弱体化/第6章 アフリカと中央アジアに広がるチャイナネットワーク/第7章 ディストピア中国の不穏な未来

著者情報(「BOOK」データベースより)

副島隆彦(ソエジマタカヒコ)
1953年福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授などを経て、政治思想、法制度論、経済分析、社会時評などの分野で、評論家として活動。副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰し、日本初の民間人国家戦略家として、巨大な真実を冷酷に暴く研究、執筆、講演活動を精力的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 3.8

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年02月18日

    今の中国がわかりやすく書かれた本ですよ。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ