美を見極める力古美術に学ぶ(光文社新書)[白洲信哉]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

美を見極める力 古美術に学ぶ (光文社新書)
白洲信哉

1,320円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 美を見極める力〜古美術に学ぶ〜 660円
紙書籍版 美を見極める力 1,320円

商品基本情報

  • 発売日:  2019年12月18日頃
  • 著者/編集:   白洲信哉
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  288p
  • ISBNコード:  9784334044497

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
小林秀雄は著書の中で、「骨董はいじるものである。美術は鑑賞するものである」と書いた。この「いじる」、つまり「使う」ということが、日本美術の大きな特徴だと僕は思う。茶碗は、お抹茶を飲むための道具であり、仏像は、手を合わせて祈る対象なのである。これが、美術館などでの展覧会に、「作品」として陳列されると、もういけない。白洲正子は、美術館に収まったそれらの収蔵品を、「器物の終身刑」と表現した。モノの立場から言えば、無数の眼にジロジロ見られ、気持ちの悪いことこの上ないのだ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ハゲても焦げても割れても美しい(世界のクロサワが愛でた根来、そして日の丸盆/焦げた写経ー焼経 ほか)/第2章 日本美の枠 茶道具(鎹による修復その一 十文字に切られた大井戸茶碗/鎹による修復その二 足利将軍・義政が愛蔵した青磁 ほか)/第3章 古筆と古画 切る美(足利将軍義満が切った巻物/天皇家と古筆 ほか)/第4章 焼きもの つれづれ(海賊と呼ばれた石油王が取り憑かれた古唐津/白洲正子が最後に買った徳利のチャンピョン ほか)/第5章 海外からの眼差し(海を渡った国宝「吉備大臣入唐絵巻」/オークションで二億!縄文時代の土偶の魅力 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
白洲信哉(シラスシンヤ)
1965年東京都生まれ。細川護煕元首相の公設秘書を経て、執筆活動に入る。その一方、広く日本文化の普及につとめ、書籍編集、展覧会などの文化イベントの制作に携わる。骨董・古美術専門誌「目の眼」前編集長。父方の祖父母は、白洲次郎・正子。母方の祖父は文芸評論家の小林秀雄(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと12

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争
      AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・…

      庭田杏珠

      1,650円(税込)

    2. 2
      モモ
      モモ

      ミヒャエル・エンデ

      880円(税込)

    3. 3
      コロナ後の世界
      コロナ後の世界

      ジャレド・ダイアモンド

      880円(税込)

    4. 4
      ケーキの切れない非行少年たち
      ケーキの切れない非行少年たち

      宮口 幸治

      792円(税込)

    5. 5
      ハイキュー!! ショーセツバン!! 12
      ハイキュー!! ショーセツバン!! 12

      星 希代子

      770円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ