旅の効用[ペール・アンデション]
旅の効用[ペール・アンデション] 旅の効用人はなぜ移動するのか[ペール・アンデション] 旅の効用人はなぜ移動するのか[ペール・アンデション]
  • Googleプレビュー

旅の効用 人はなぜ移動するのか
ペール・アンデション

2,420円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
インドを中?に世界を旅してきたジャーナリストが、
?他の旅の記憶をていねいに辿りながら
「?が旅に出る理由」を重層的に考察するエッセイ。 
なぜ人は何度でも、何歳になろうと旅に出るべきなのか。
それは旅こそが私たちにとって最?のセラピーであり、
?分を育む?為にほかならないからだ。
旅好きも、旅が遠くなった?も必読の滋味あふれる旅論。
【スウェーデン発、欧州ベストセラー!】

(本書より引用)
不機嫌という病を治すにはまず、自分の安全領域から外に飛び出すことだ。
そうすれば、すべてをコントロールしなくても日々がうまく運んでいくと気づくこともある。
いったん異文化の中に身を置けば、足が地に着かなくなっても
「すべてうまく行くだろう」と信じることができる。

変化がなければ心は消耗する。だが新たな見方をするようになれば、新たな展望が開ける。
旅をすれば感覚が研ぎ澄まされ、世間や家庭内の状況に対して注意深くなる。
今まで無関心だったことにも、不意に何かを感じるようになるのだ。
今まで見えていなかったことが不意に見えてくるのである。

美しい言葉に言い直すとすれば、旅と遊牧民の生活様式こそイデオロギーだった。
旅は、前もって予見可能であってはならず、ページを開いた瞬間の
本のようでなければならなかった。
旅人は、自分が今から何と出会うか、誰と遭遇するかを知っていてはならなかった。
1  閉じられていた戸が開く
2  「ここではない、どこか」という憧れ
3  「明日は分からない」旅へ
4  列車よ、私を遠くに連れてってくれ
5  遠く、放浪へ
6  さまよう惑星の上を行ったり来たり
7  カメのように、カタツムリのように
8  何度も戻る。何度も続ける
9  いったいなぜ、私たちは旅をするのか
10 ヒッチハイクの愉悦と憂鬱
11 遠い過去へと戻る旅立ち
12 国境を越えて、自由に動き続ける
13 自由な旅人、無鉄砲な旅人
14 世界の旅行記を旅する
15 人は旅で本当に変わるのか
16 旅と病の間
17  世界の不安と旅不足
18 旅の終わりという始まり

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
不機嫌という病を治すにはまず、自分の安全領域から外に飛び出すことだ。そうすれば、すべてをコントロールしなくても日々がうまく運んでいくと気づくこともある。世界を旅したジャーナリストが「人が旅に出る理由」を重層的に考察。味わい深い旅論!

【目次】(「BOOK」データベースより)
閉じられていた戸が開く/「ここではない、どこか」という憧れ/「明日は分からない」旅へ/列車よ、私を遠くに連れてってくれ/遠く、放浪へ/さまよう惑星の上を行ったり来たり/カメのように、カタツムリのように/何度も戻る。何度も続ける/いったいなぜ、私たちは旅をするのか/ヒッチハイクの愉悦と憂鬱/遠い過去へと戻る旅立ち/国境を越えて、自由に動き続ける/自由な旅人、無鉄砲な旅人/世界の旅行記を旅する/人は旅で本当に変わるのか/旅と病の間/世界の不安と旅不足/旅の終わりという始まり

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
アンデション,ペール(Andersson,Per J.)
スウェーデンのジャーナリスト・作家。1962年、同国南部のハルスタハンマル生まれ。同国で最も著名な旅行誌『ヴァガボンド』の共同創業者。過去30年にわたってインドを中心に世界各地をバックパッカー、ヒッチハイカーとして、あるいはバスや列車を利用して旅する。現在ストックホルム在住。2015年刊行の前著(インドからスウェーデンまで自転車旅をし、スウェーデン人女性と結婚したインド人についての伝記)がベストセラーになり、一躍人気作家となる

畔上司(アゼガミツカサ)
1951年長野県生まれ。東京大学経済学部卒。日本航空勤務を経て、現在ドイツ文学・英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2020年02月10日 - 2020年02月16日)

     :第3141位(↑) > 人文・思想・社会:第528位(↑) > 地理:第45位(↑) > 地理(外国):第16位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,420円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      勝者の思考回路
      勝者の思考回路

      柴田陽子

      1,650円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】話すチカラ
      【入荷予約】話すチカラ

      齋藤 孝

      1,540円(税込)

    3. 3
      空気を読む脳
      空気を読む脳

      中野 信子

      946円(税込)

    4. 4
      「World Seikyo」2020年 春号
      「World Seikyo」2020年 春号

      249円(税込)

    5. 5
      漫画 バビロン大富豪の教え
      漫画 バビロン大富豪の教え

      ジョージ・S・クレイソン

      1,782円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ