政策実施の組織とガバナンス広告景観規制をめぐる政策リサーチ[伊藤修一郎]
  • Googleプレビュー

政策実施の組織とガバナンス 広告景観規制をめぐる政策リサーチ
伊藤 修一郎

4,290(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2020年02月26日頃
  • 著者/編集:   伊藤 修一郎
  • 出版社:   東京大学出版会
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  312p
  • ISBNコード:  9784130301701

商品説明

【内容情報】(出版社より)
なくならない法令違反.自治体を動かし規制を機能させるにはどうすべきか.成功している自治体はどこが違うのか.屋外広告物政策における失敗・成功例を多面的に分析し,政策提言までおこなう.好評テキスト『政策リサーチ入門ーー仮説検証による問題解決の技法』(2011年)の実践編.

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
成功している自治体はどこが違うのか。なくならない法令違反。自治体を動かし規制を機能させるにはどうすべきか。屋外広告物政策の実施における失敗・成功例を多面的に分析、政策提言まで行う。『政策リサーチ入門』の実践編。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序論 本書の問いと構成/第1部 なぜ政策は失敗するのかー政策実施組織の構造の理論分析(政策実施研究の論点と屋外広告物政策の概要/政策実施を妨げる職員行動と組織構造/平均的自治体の屋外広告物事務)/第2部 なぜ違反対応は実行されたかー政策実施ガバナンスの理論と事例(政策実施ガバナンスの理論/屋外広告物政策の歴史と国の関与/静岡県の東海道新幹線沿線野立看板対策/京都市のローラー作戦による違反適正化/金沢市審査会方式と宮崎市適正化プラン)/第3部 実施活動を変えるものは何かー行政・市民・業界の統計分析(統合的統計分析による仮説検証/屋外広告業界の構造と法遵守/市民意識と政策支持の規定要因)/結論 実効性ある政策実施のために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
伊藤修一郎(イトウシュウイチロウ)
1960年神奈川県に生まれる。神奈川県勤務(土木部、企画部、総務部)。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了、博士(政策・メディア)。群馬大学社会情報学部講師、筑波大学大学院人文社会科学研究科教授を経て、現在、学習院大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ