本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍
近現代南インドのバラモンと賛歌バクティから芸術、そして「文化資源」へ[小尾淳]
  • Googleプレビュー

近現代南インドのバラモンと賛歌 バクティから芸術、そして「文化資源」へ
小尾 淳

6,600円(税込)送料無料

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2020年02月21日頃
  • 著者/編集:   小尾 淳
  • 出版社:   青弓社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  368p
  • ISBNコード:  9784787274281

商品説明

【内容情報】(出版社より)
数百年間イギリスの植民地支配下にあったインドで宗教歌謡が生活に息づき、人々が自国の音楽に関心を寄せ続ける背景は何か。現地調査をもとに音楽界や芸能と社会の関係を考察した民族音楽的研究と南アジア地域研究の成果を貴重な写真・図版とともに提示する。
凡例

はじめにーー賛歌の「価値」を南インドの文脈で捉え直す

第1部 南インドの「賛歌の伝統」概説

第1章 ナーマ・シッダーンターー神の御名の教え
 1 思想的側面
 2 「賛歌を歌う者」バーガヴァタル
 3 「賛歌の体系」(バジャナ・パッダティ)
 4 様々な賛歌の実践機会
 5 音楽的側面

第2部 インドの楽聖の系譜ーー「賛歌の伝統」のレパートリーを中心に

第2章 バクティ運動期ーー十二世紀ー十七世紀
 1 バクティ運動と賛歌群の形成
 2 ベンガル地方の詩聖ジャヤデーヴァ
 3 ターッラパーカ詩人アンナマーチャーリヤ
 4 マハーラーシュトラ地方の宗教詩人

第3章 タンジャーヴール・マラーター時代ーー一六七四ー一八五五年
 1 タンジャーヴール・マラーター時代概説
 2 ナーマ・シッダーンタ派の「賛歌のグル」
 3 楽聖ナーラーヤナ・ティールタ
 4 楽聖ティヤーガラージャ
 5 サットグルスワーミ
 6 そのほかの楽聖の賛歌と「賛歌のグル」をめぐる議論

第3部 近現代南インドの音楽界と賛歌

第4章 イギリス統治期ーー十九世紀中期ー二十世紀中期
 1 非バラモン階層の台頭と「ドラヴィダ民族運動」
 2 イギリス統治期での音楽界の変化
 3 イギリス統治期マドラスでの賛歌の実践
 4 タミル・ナショナリズムと音楽界

第5章 独立インド時代ーー独立以降ー一九八〇年代
 1 「インド伝統文化」へのまなざし
 2 バーガヴァタルの集団化
 3 プドゥコーッタイ・ゴーパーラクリシュナ・バーガヴァタル
 4 ハリダース・ギリ
 5 クリシュナプレーミ・スワーミ

第6章 一九九〇年代以降の変化
 1 「文化資源化」する賛歌
 2 マラーティー・キールタンの包摂

おわりに

参考文献一覧

あとがき

事項索引

人名索引

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
数百年間イギリスの植民地支配下にあって自国の文化の確立を切望したインドで、連綿と宗教歌謡が生活に息づき、自国の音楽に高い関心を寄せるのはなぜなのか。長期のフィールドワークをもとに音楽界や芸能と社会の関係性を包括的に考察して、民族音楽的研究と南アジア地域研球究の成果を写真・図版とともに提示する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめにー賛歌の「価値」を南インドの文脈で捉え直す/第1部 南インドの「賛歌の伝統」概説(ナーマ・シッダーンター神の御名の教え)/第2部 インドの楽聖の系譜ー「賛歌の伝統」のレパートリーを中心に(バクティ運動期ー十二世紀ー十七世紀/タンジャーヴール・マラーター時代ー一六七四ー一八五五年)/第3部 近現代南インドの音楽界と賛歌(イギリス統治期ー十九世紀中期ー二十世紀中期/独立インド時代ー独立以後ー一九八〇年代/一九九〇年代以降の変化)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小尾淳(オビジュン)
1973年、東京都生まれ。大東文化大学大学院アジア地域研究科博士課程後期課程修了。大東文化大学国際関係学部助教。専攻はアジア地域研究(南アジア)、宗教・文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと14

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ