本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍
日本人のための漢字入門(講談社現代新書)[阿辻哲次]
  • Googleプレビュー

日本人のための漢字入門 (講談社現代新書)
阿辻 哲次

4位 語学・学習参考書部門 楽天ブックス週間ランキング(2020年03月16日-2020年03月22日)ランキングを見る

968円(税込)送料無料

【3日間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日本人のための漢字入門 880円
紙書籍版 日本人のための漢字入門 968円

商品基本情報

  • 発売日:  2020年02月13日頃
  • 著者/編集:   阿辻 哲次
  • レーベル:   講談社現代新書
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784065187722

よく一緒に購入されている商品

  • 日本人のための漢字入門(講談社現代新書)[阿辻哲次]
  • +
  • 直観を磨く深く考える七つの技法(講談社現代新書)[田坂広志]
  • 日本人のための漢字入門 (講談社現代新書)
  • 阿辻 哲次

968円(税込)

在庫あり

合計 1,958円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
世界最長の歴史を持つ文字=漢字は知恵の玉手箱!
あなたの周りにある漢字の秘密を伝える漢字教室、開講!

「人」は「二人が支え合っている形」ってほんとう?
「令」の漢字に「すばらしい」という意味がある理由とは?
鹿児島を一字で書いた漢字とは?
ペンギンはなぜ「企鵝鳥」と書くのか?
「餃子はどうだい」「生です」--中国語に込められたウィットとは?
学校の「校」は木へん、では、校閲の「校」のもともとの部首は?
「育」という漢字が表す出産の光景とは?
「歩」は二つの足跡、では「止」「正」は?
一点シンニョウ、二点シンニョウがばらつく理由……

人名漢字、異体字、国字など、やっぱり漢字は面白い!
活版印刷屋に生まれ、漢字とともに暮らしてきた第一人者が綴る漢字の履歴書。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界最長の歴史を持つ文字=漢字は知恵の玉手箱!あなたの周りにある漢字の知られざる面白さを伝える漢字教室、開講!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 漢字と暮らす(日々の暮らしと漢字/「令和」の漢字学/旅先で出あう漢字/人名用漢字について)/第2章 漢字をまなぶ(漢字学のすすめ/漢字の履歴書/異体字のはなし/情報化時代と漢字)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
阿辻哲次(アツジテツジ)
1951年大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。静岡大学助教授、京都産業大学助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を経て、京都大学名誉教授。(公財)日本漢字能力検定協会漢字文化研究所所長。文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会委員として、2010年の常用漢字表改定に携わる。専門は中国文化史、中国文字学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと27

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

968円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      空気を読む脳
      空気を読む脳

      中野 信子

      946円(税込)

    2. 2
      交渉力
      交渉力

      橋下 徹

      990円(税込)

    3. 3
      だから古典は面白い
      だから古典は面白い

      野口 悠紀雄

      924円(税込)

    4. 4
      鬼滅の刃 片羽の蝶
      鬼滅の刃 片羽の蝶

      吾峠 呼世晴

      770円(税込)

    5. 5
      運気を磨く
      運気を磨く

      田坂広志

      902円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ