本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
車両運動性能とシャシーメカニズム[宇野高明]
車両運動性能とシャシーメカニズム[宇野高明] 車両運動性能とシャシーメカニズム[宇野高明] 車両運動性能とシャシーメカニズム[宇野高明]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 機械工学

車両運動性能とシャシーメカニズム
宇野高明

3,300円(税込)送料無料

【3日間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2020年02月10日頃
  • 著者/編集:   宇野高明
  • 出版社:   グランプリ出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  376p
  • ISBNコード:  9784876873715

商品説明

【内容情報】(出版社より)
初版以来、技術者必携の入門書として14刷を重ねてきたロングセラーを
最新技術を加え、25年ぶりに全面大改訂しました!
人間が“意のままに操れる”高性能で安全な車を実現させる
ためのサスペンションやステアリングなどのシステムの基本、
具体的な課題を、平易な文章と多数の図版でやさしく解説しています。
大手自動車メーカーで、一貫して「走る」「曲がる」「止まる」
走行性能の向上に貢献してきた著者による、技術者や学生
をはじめ、興味のある方に広く読み継がれる、決定版です。
はじめに  4
第1章 シャシー性能の基本… ………………………………………………11
1-1.シャシーの構成と機能  11
1-2.高いシャシー性能とは  13
第2章 シャシー運動性能とタイヤ性能… ………………………… 19
2-1.コーナリングの力学  19
2-2.操縦安定性とサスペンション性能  29
2-3.タイヤのコーナリング性能  49
2-4.駆動形式と運動性能  66
2-5.走行性能を最適化する前後バランス  73
第3章 サスペンションの機能とメカニズム……………………… 75
3-1.サスペンションの基本機能と一般的構造   75
3-2.サスペンションジオメトリーとタイヤ姿勢   83
3-3.サスペンションコンプライアンス   89
3-4.スタビリティとサスペンション特性   97
3-5.車両姿勢コントロール  104
3-6.操舵機能とフロントサスペンション  116
3-7.サスペンション特性のまとめ  125
3-8.サスペンション設計の実際  129
第4章 各種サスペンションのメカニズムと特徴………… 135
4-1.サスペンションの技術動向  135
4-2.フロントサスペンション  137
4-3.小型FF車リヤサスペンション  154
4-4.FR車のリヤサスペンション  167
4-5.サスペンション形式と性能  180
第5章 サスペンションチューニングパーツの構造と特性… 187
5-1.スプリングの機能と構造  187
5-2.ショックアブソーバーの機能と構造  196
5-3.ゴムブッシュの構造と特性  205
5-4.チューニングパーツ特性設計の概要  209
第6章 ブレーキ、ステアリングおよびLSD…………………… 219
6-1.ブレーキの基本メカニズムと構造  219
6-2 .パワーステアリングシステム  239
6-3.LSD(差動制限機構付ディファレンシャルギヤ)  247
第7章 シャシー制御技術…………………………………………………… 261
7-1.シャシー制御技術が創りだす性能  261
7-2.サスペンション制御  266
7-3.操舵力、操舵角制御  299
7-4.制動力制御  321
7-5.駆動力制御  333
第8章 高性能シャシーの開発…………………………………………… 349
8-1.シャシーの高性能化とは  349
8-2.シャシー性能はどのように開発されるか?  355
8-3.最後は人が決める──シャシーチューニングと開発ドライバー  365
8-4.将来の方向性  367

参考文献  370
索引  372

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「高性能なクルマ」を実現するのは、エンジンだけではない。「サスペンション」「ステアリング」「ブレーキ」などのクルマの走行に関する機構が大きな役割を担う。シャシー設計・開発のエキスパートが、図版430点以上を駆使しながらシャシーメカニズムと車両運動性能の関わりを詳細に解説する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 シャシー性能の基本/第2章 シャシー運動性能とタイヤ性能/第3章 サスペンションの機能とメカニズム/第4章 各種サスペンションのメカニズムと特徴/第5章 サスペンションチューニングパーツの構造と特性/第6章 ブレーキ、ステアリングおよびLSD/第7章 シャシー制御技術/第8章 高性能シャシーの開発

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宇野高明(ウノタカアキ)
1955年京都府生まれ。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。1981年日産自動車株式会社に入社、フェアレディーZ、スカイラインのサスペンション設計、4WS HICASの設計を担当。1991年エンジン、駆動、シャシーの性能戦略担当。1992年シャシー計画課課長。その後、車体設計、商品企画、車両開発責任者など経て、車両計画部部長、第二製品開発部部長、パワートレイン第二製品開発部部長、R&Dリソースマネージメント部部長を歴任。2011〜2015年ボッシュ株式会社シャシーシステムコントロール事業部副事業部長、開発・生産担当役員など。主な受賞歴として、自動車技術会技術開発賞(HICASの開発、1986年)、アメリカSAEアークコーウェルメリット賞(マルチリンクサスペンションの開発、1990年)、日本発明協会 発明奨励賞(4回)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと36

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,300円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ