現在地
トップ >  > 新書 > 小説・エッセイ
帝国海軍よろず艦隊(3)史上最大の海戦!(リュウノベルス)[羅門祐人]
  • Googleプレビュー

帝国海軍よろず艦隊 (3) 史上最大の海戦! (リュウノベルス)
羅門 祐人

1,100(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年03月10日頃
  • 著者/編集:   羅門 祐人
  • レーベル:   リュウノベルス
  • 出版社:   経済界
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  204p
  • ISBN:  9784766732825

商品説明

【内容情報】(出版社より)
海上輸送路防衛により戦争遂行を目論む及川古志郎大将が「海上護衛総隊」構想に邁進。
サイパンとシンガポールに警備府を設置し、ラバウルに近いカビエンにも基幹基地が設置された。
ミッドウェイ海戦の大敗北で帝国海軍は正規空母を多数失う。一方、連合軍は中部太平洋における
商船破壊作戦を全方面で激化。1942年8月、ソロモン諸島沖での空母決戦に勝利した連合艦隊は、
サモア・フィージー攻略作戦の準備に入る。対する米軍はスプルーアンスに南太平洋の防備を命じる。
壮絶なる戦いは互いに被害艦を出しながら、佳境へと驀進しつつあった……。
帝国海軍よろず艦隊(3)◎目次
【第1章】南海の激戦
【第2章】諦められぬ戦い
【第3章】勝敗決す!
【第4章】和平のための戦争

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
海上輸送路防衛により戦争遂行を目論む及川古志郎大将が「海上護衛総隊」構想に邁進。サイパンとシンガポールに警備府を設置し、ラバウルに近いカビエンにも基幹基地が設置された。ミッドウェイ海戦の大敗北で帝国海軍は正規空母を多数失う。一方、連合軍は中部太平洋における商船破壊作戦を全方面で激化。1942年8月、ソロモン諸島沖での空母決戦に勝利した連合艦隊は、サモア・フィージー攻略作戦の準備に入る。対する米軍はスプルーアンスに南太平洋の防備を命じる。壮絶なる戦いは互いに被害艦を出しながら、佳境へと驀進しつつあった…。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
羅門祐人(ラモンユウト)
昭和32年生まれ、福岡県出身。仮想文明(シムシビライズ)をテーマとした独自の作品世界には多くのファンがいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      在宅ひとり死のススメ
      在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    2. 2
      仕事と人生
      仕事と人生

      西川 善文

      990円(税込)

    3. 3
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    4. 4
      どうしても頑張れない人たち
      どうしても頑張れない人たち

      宮口 幸治

      792円(税込)

    5. 5
      ビジュアル ビジネスモデルがわかる
      ビジュアル ビジネスモデルがわかる

      井上 達彦

      1,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ