本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
海とヒトの関係学3海はだれのものか[秋道智彌]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

海とヒトの関係学3 海はだれのものか
秋道 智彌

1,760円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【3日間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
海と人間を取り巻く環境について様々な視点で考察したシリーズの第三弾。
昨今隣国との揉めごとで注目を集める海の境界線。
そもそも海は誰のものなのか。
海についての歴史、資源や漁業、領海をめぐる様々なせめぎあいについて、多様な分野の専門家が考察いたします。


目次

はじめにー資源はだれのものか 秋道智彌

<第1章 なわばりとコモンズ>

1)なわばりと紛争の海 秋道智彌

2)漁業権とはなにか?-海の排他主義を問う 八木信行

3)クジラ取りの系譜 -生業捕鯨と商業捕鯨 岸上伸啓

コラム  IWC脱退と日本の捕鯨 森下丈二

4)閉鎖される海 中谷和弘

<第2章 越境する海人たち>

5)ナワバリに生きる海人ー日本中世の〈海の勢力〉をめぐって 黒嶋 敏

6)ヴァイキングが切り開いた北極圏交易ーセイウチの牙をめぐるグローバルな経済構造 小澤 実

コラム   環オホーツク海地域をめぐる古代の交流 熊木俊朗

7)国境をまたぐ海洋民 門田修

8)東アジア交易圏の中の琉球 上里隆史

コラム   開国への扉を外から叩いた男ー幕末の漂流民、音吉 齋藤宏一

<第3章 海のせめぎ合い>

9)いま東アジアの海で起きていること 竹田純一

コラム   南シナ海に関する比中間の仲裁手続における仲裁判断の意義 西本健太郎

10)海底ケーブルのガバナンスー技術と制度の進化 土屋大洋・戸所弘光

11)海洋境界の争いは解決できるか 坂元茂樹

コラム  大陸棚の延伸 谷 伸

12)「海のジパング」に向けて 浦辺徹郎

コラム  日本固有の領土と発信力 高井 晉

おわりにー海はだれのものか 秋道智彌・角南篤

用語集

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

予約受付中

発売日以降のお届け

発売日よりも後のお届けになる可能性があります。

1,760円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ