本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 教育・福祉 > 教育

近代日本学校教育の師弟関係の変容と再構築
岩木勇作

4,070(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2020年03月02日頃
  • 著者/編集:   岩木勇作(著)
  • 出版社:   東信堂
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  312p
  • ISBN:  9784798916156

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

教師はなぜ「尊敬」されるのか。“師”を尊敬する意味が近代学校教育の登場によって変わっていく。この師弟関係の変容から再構築へのプロセスを歴史的に跡付けた挑戦的研究!!

目次(「BOOK」データベースより)

序章 学校教育における師弟関係とは何か/第1章 個人教育と学校教育ー「校長」と「教員」の登場/第2章 学校教育における「教権」概念と呼称ー教員と一体化する教権/第3章 明治期の学校紛擾と「校風」-師弟関係の一つの帰着点/第4章 橘蔭学館における学校革命ー学校紛擾の裏面/第5章 近代学校教育における「校訓」-教育勅語以前・以後/終章 近代学校教育制度下においてなぜ師弟関係は必要とされたか

著者情報(「BOOK」データベースより)

岩木勇作(イワキユウサク)
1982年福岡県生まれ。創価大学教育学部助教。創価大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。専攻は、近代日本教育史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ