凶犬の眼(角川文庫)[柚月裕子]
  • Googleプレビュー

凶犬の眼 (角川文庫)
柚月裕子

858(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 凶犬の眼 858円
紙書籍版 凶犬の眼 858円

商品基本情報

  • 発売日:  2020年03月24日
  • 著者/編集:   柚月裕子
  • レーベル:   角川文庫
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  384p
  • ISBNコード:  9784041088968

商品説明

【内容情報】(出版社より)
悪徳刑事・大上章吾の血を受け継いだ日岡秀一。広島の県北の駐在所で牙を研ぐ日岡の前に現れた最後の任侠・国光寛郎の狙いとは?日本最大の暴力団抗争に巻き込まれた日岡の運命は?『孤狼の血』続編!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
広島県呉原東署刑事の大上章吾が奔走した、暴力団抗争から2年。日本最大の暴力団、神戸の明石組のトップが暗殺され、日本全土を巻き込む凄絶な抗争が勃発した。首謀者は対抗組織である心和会の国光寛郎。彼は最後の任侠と恐れられていた。一方、大上の薫陶を受けた日岡秀一巡査は県北の駐在所で無聊を託っていたが、突如目の前に潜伏していたはずの国光が現れた。国光の狙いとは?不滅の警察小説『孤狼の血』続編!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
柚月裕子(ユズキユウコ)
1968年岩手県出身。2008年「臨床真理」で第7回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。13年『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞、16年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(46件)

総合評価
 3.98

ブックスのレビュー

  • (無題)
    Superior Things
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2020年08月05日

    ほぼ文庫本の全てを読んでいる関係上、
    自動的に購入しました。
    この題材はもう少し感があります。

    7人が参考になったと回答

  • 面白かった
    グラス-WONDER
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年06月15日

    国光さんは、菅原文太さんがモデルだと思いました。呼んでいるうちに、登場人物が仁義なき戦いと
    重なってきて、面白かったです。やっぱり、ヤクザの抗争は、広島弁がいいのう。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    ナノ2
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年06月12日

    前作を読んでいたので、続きを読みたくて購入しました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】JR上野駅公園口
      【入荷予約】JR上野駅公園口

      柳 美里

      660円(税込)

    2. 2
      和菓子のアン
      和菓子のアン

      坂木司

      733円(税込)

    3. 3
      舟を編む
      舟を編む

      三浦しをん

      682円(税込)

    4. 4
      1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作
      1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ…

      あさの あつこ

      616円(税込)

    5. 5
      駅物語
      駅物語

      朱野 帰子

      836円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ