本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

ソフトウェアとしてのRFID-メカニズムと開発手順ー
真間 則行

3,300(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2020年04月28日頃
  • 著者/編集:   真間 則行(著)
  • 出版社:   リックテレコム
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  248p
  • ISBN:  9784865942194

商品説明

内容紹介(出版社より)

本書は、RFIDでシステム設計および構築を行う開発担当者、SE、プログラマ、RFIDを実際に使うユーザを対象に、グローバル標準でシステムを構築するために何が必要かを解説しています。
大きく4つの部分で構成され、第1編は、RFIDの基本的な使い方、および具体的な活用例や将来像を紹介しています。第2編は、RFIDで使用される標準コードの考え方や、RFIDタグ・リーダの基礎的な動作原理といった、RFIDシステムを構築するうえで知っておくべき基礎知識を紹介しています。第3編は、RFIDを設計・導入する際の注意点や、設計の具体的なステップについて説明しています。そして第4編では、ソフトウェアを開発する際の大まかな手順を示し、簡単なプログラム例を紹介することで、各社で使われるRFIDコマンドがどのように異なっているかなどを説明しています。
◆目次◆
第1編 RFIDを活用する
第1章 RFIDとは
第2章 RFID活用例
第3章 RFIDの将来像

第2編 RFIDのしくみを理解する
第4章 RFIDにおける標準化
第5章 RFIDタグを理解する
第6章 RFIDリーダを理解する

第3編 RFIDシステムを構築する
第7章 RFIDシステム構築の進め方
第8章 国際標準による可視化システム(EPCIS)

第4編 RFIDのソフトウェアを開発する
第9章 RFIDソフトウェア開発上のポイント(LLRP、ALE)
第10章 具体的なプログラム方法
巻末資料

内容紹介(「BOOK」データベースより)

本書では、RFIDを使ってシステムの設計および構築を行う開発担当者、SE、プログラマ、RFIDを実際に使うユーザを対象に、システムを構築するために何が重要か、必要かを解説しています。

目次(「BOOK」データベースより)

第1編 RFIDを活用する(RFIDとは/RFID活用例/RFIDの将来像)/第2編 RFIDのしくみを理解する(RFIDにおける標準化/RFIDタグを理解する/RFIDリーダを理解する)/第3編 RFIDシステムを構築する(RFIDシステム構築の進め方/国際標準による可視化システム(EPCIS))/第4編 RFIDのソフトウェアを開発する(RFIDソフトウェア開発上のポイント(LLRP、ALE)/具体的なプログラム方法)/巻末資料

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ