エントリー&楽天マガジン初めてのお申し込みで、楽天ブックスでのお買い物が全品ポイント10倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 生物学
我々はどこから来たか?我々は何者?我々はどこに向かうのか?我々の存在意義は?現代人類学の人間観[富田守]
  • Googleプレビュー

我々はどこから来たか?我々は何者?我々はどこに向かうのか?我々の存在意義は? 現代人類学の人間観
富田守

1,650(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

半世紀にわたり自然人類学の研究と教育に心血を注いだ著者による、世界一コンパクトな「自然人類学総論」。宇宙と生命そのものが「自己存続の原理」を内包し、それらへの貢献こそが「人類存在の意義」と喝破する。学問の存立要件や人類学の存在意義と真摯に対峙し、タイトルにある、かのゴーギャンの問いの全てに果断に挑む。

目次(「BOOK」データベースより)

我々はどこから来たか?-人類由来論(宇宙と生命の起源と進化ー宇宙の誕生と進化、生命の出現と進化、その双方に共通な原理/人類進化史ー高等霊長類から人類へー猿人から原人へ、そして新人へ)/我々は何者?-人類特質論(人類にある、哺乳類、霊長類と共通な特徴/人類特有の特徴/直立姿勢を維持する機構/直立二足歩行の機構/器用な手の働きの機構/言語と意識の機構/生活行動)/我々はどこに向かうのか?-人類未来論(これからの人類)/我々の存在意義は?-人類存在論(人類の存在意義)/付(学問論)

著者情報(「BOOK」データベースより)

富田守(トミタマモル)
お茶の水女子大学名誉教授、日本人類学会評議員。1937年1月20日台湾台北市生れ。鹿児島県国分市(現在霧島市)、山口県岩国市、広島市で少年時代を送った。1960年東京大学理学部人類学課程卒業。同大学院を経て、千葉大学医学部解剖学教室および東京大学理学部人類学教室で、助手として5年間勤務。その後、お茶の水女子大学へ転勤。1971年お茶の水女子大学家政学部家政学原論講座助教授。1987年同教授。1992年お茶の水女子大学生活科学部人間科学専攻教授。数年後、専攻名を人間科学から人類科学に変更。2002年定年退官、名誉教授になる。2009年3月まで大妻女子大学で自然人類学を、東京大学で生理人類学を、東京外国語大学のほか、横浜国立大学、日本大学、立教大学、早稲田大学、一橋大学、千葉大学、国学院大学で人類学を教えた。実践女子大学、杉野女子大学、相模女子大学では家政学原論を教えた。1993〜1994年人間/生活研究会、1994〜2001年生活行動学会を主宰し、学術雑誌『生活行動研究』を発行。2002年から始めたお茶大ライフシステム(OLS)研究会は、2007年よりお茶の水ヒューマンライフシステム(OHLS)研究会になり、現在に至る。2002年よりマモル・富田の筆名で、SFの執筆を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      &home(vol.69)
      &home(vol.69)

      990円(税込)

    2. 2
      パンダ自身 2頭め
      パンダ自身 2頭め

      企画出版室

      1,200円(税込)

    3. 3
      宇宙からの帰還
      宇宙からの帰還

      立花 隆

      946円(税込)

    4. 4
      下僕の恩返し
      下僕の恩返し

      響介

      1,540円(税込)

    5. 5
      【予約】私を動かす暮らしの道具
      【予約】私を動かす暮らしの道具

      1,500円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ