本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 伝記(外国)
  • 俠の歴史東洋編上[鶴間和幸]
  • 俠の歴史東洋編上[鶴間和幸]
  • 俠の歴史東洋編上[鶴間和幸]
  • 俠の歴史東洋編上[鶴間和幸]
  • 俠の歴史東洋編上[鶴間和幸]
  • 俠の歴史東洋編上[鶴間和幸]
俠の歴史東洋編上[鶴間和幸]
  • Googleプレビュー

俠の歴史 東洋編 上
鶴間和幸

1,870(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2020年04月10日頃
  • 著者/編集:   鶴間和幸(編)
  • シリーズ:   俠の歴史 東洋編
  • 出版社:   清水書院
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  336p
  • ISBN:  9784389501228

商品説明

内容紹介(出版社より)

士は己を知る者のために死す、「俠」とは、おとこ気。おとこだて、いさみはだの女。儀に富み強気をくじき弱気きを助ける勇者のこと。 歴史上無数にいる「俠者」から「これぞ」という生き方や死に様をした人物を精選して掲載。清水書院の歴史シリーズ『悪の歴史』の姉妹編登場!
孔子をやり込めた大盗賊盗跖、始皇帝の暗殺に挑んだ荊軻、劉備に命を捧げた関羽・張飛……中国古代に異彩を放った任俠、游侠の勇者の生き様とその死を描く。
目次(内容と構成)
序───中国古代の任俠─鶴間和幸
「俠の歴史」に寄せて─増淵龍夫の任俠研究─土屋紀義

盗跖 孔子も逃げ出す最兇の哲学者─竹内康浩
子路 俠気の必要性を身を以て示した儒者─高木智見
戦国時代の封君と任俠たち 『史記』に描かれた─藤田勝久
曹沫 刺客か、知恵者か─村松弘一
専諸 「刺客」の誕生、加えられる伝説─村松弘一
豫譲 「己を知る者」のために死んだ「国士」─濱川 栄
荊軻 最後の刺客の醸成される「俠」、共感される「俠」─村松弘一
卜式 「自由な市場」を守り抜こうとした羊飼い─濱川 栄
呂母 歴史を動かした女俠たち─佐々木満実
張倹 俠なる人々に守られた党人─小嶋茂稔
臧洪 己を見出した恩人のために命をも投げ出す─小嶋茂稔
関羽 神になった英雄─渡邉義浩
張飛 庶民の英雄─渡邉義浩
趙雲 主君の子を守り抜く─渡邉義浩
太史慈 約束を守る─渡邉義浩
侯景 南北朝を駆け抜けた六鎮武人の挽歌─津田資久
王琳 南朝梁の残光─津田資久
泉献誠 信念に生きた高句麗出身官僚─金子修一
狄仁傑 権威に屈しない硬骨漢─金子修一
李泌 王朝危難の際に尽力─金子修一

執筆者略歴

内容紹介(「BOOK」データベースより)

憐れとも愚かとも思えるまで自分を裏切らず、敢然と目的実現に突き進んだ男、そして女。歴史の表舞台から消えた、〓ある人々の物語。

目次(「BOOK」データベースより)

序 中国古代の任〓/「〓の歴史」に寄せてー増淵龍夫の任〓研究/盗跖ー孔子も逃げ出す最兇の哲学者/子路ー〓気の必要性を身を以て示した儒者/戦国時代の封君と任〓たちー『史記』に描かれた/曹沫ー刺客か、知恵者か/専諸ー「刺客」の誕生、加えられる伝説/豫譲ー「己を知る者」のために死んだ「国士」/荊軻ー最後の刺客の醸成される「〓」、共感される「〓」/卜式ー「自由な市場」を守り抜こうとした羊飼い/呂母ー歴史を動かした女〓たち/張倹ー〓なる人々に守られた党人/臧洪ー己を見出した恩人のために命をも投げ出す/関羽ー神になった英雄/張飛ー庶民の英雄/趙雲ー主君の子を守り抜く/太史慈ー約束を守る/侯景ー南北朝を駆け抜けた六鎮武人の挽歌/王琳ー南朝梁の残光/泉献誠ー信念に生きた高句麗出身官僚/狄仁傑ー権威に屈しない硬骨漢/李泌ー王朝危難の際に尽力

著者情報(「BOOK」データベースより)

鶴間和幸(ツルマカズユキ)
1950年、東京都生まれ。1980年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、学習院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ