日本オペラ史(〜1952)
  • Googleプレビュー

日本オペラ史(〜1952)
増井敬二

6,171円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
この本は、日本に於けるオペラが、最初の舞台から長年かかって恒常的な活動となり、戦争での中絶を経て、成長しその内容がやっと本格的になり始めた1952年までの歴史を記したものである。全体を出来るだけ客観的に、実証的かつ平易な形に纏めることを主眼とした。また紙数の関係もあって、内容をできるだけ要約することに努めた。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 明治期〜日本人はオペラというものを初めて知った(日本の劇場で最初のオペラ公演が行われるまで(〜1879年)/日本人社会はまだオペラ不毛の時代(1880年〜1903年) ほか)/2 大正期〜オペラはいろいろの日本的な試行錯誤を繰り返した(ローシー時代の帝国劇場/ローヤル館の時代 ほか)/3 昭和戦前・戦中期〜漸くオペラが始まった時代(最初の7年半はウォーミング・アップの時期(1927年〜1934年5月)/日本でオペラの恒常的な公演が始まった(1934年6月〜1939年) ほか)/4 戦争直後の時代〜オペラが新たな活力で燃え上がった(帝劇の藤原歌劇団と東劇の長門歌劇団(1945年8月〜1949年)/日本のオペラ界が大きく変動した3年間(1950年〜52年))

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
増井敬二(マスイケイジ)
音楽評論家。1921年東京生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。1946年からNHK音楽部ディレクター。ラジオのステレオ音楽番組を創始。1958年に第10回イタリア賞を受賞。オペラ放送を数多く手掛けると共に、NHKイタリア歌劇の演出助手を2度務め、また歌劇『寝太』の演出が好評を博す。定年後は、神奈川大、横浜国大、武蔵大、東京声専音楽学校の各講師を務めたほか、音楽評論活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

6,171円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ