昭和後期女性文学論[新・フェミニズム批評の会]
  • Googleプレビュー

昭和後期女性文学論
新・フェミニズム批評の会

4,620(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いま、フェミニズム再燃のとき!“戦後女性文学”の軌跡を辿る。敗戦後から1980年代末まで、近代の断絶と連続という複雑な時代を背景に、様々な生の可能性を、多様な表現で描出した女性文学の豊かな全容を検証する画期的な試み。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 戦争の傷痕/占領下からの出発(占領下の宮本百合子ー民主化・女性の独立・反戦平和をめざして/“防波堤”としての“闇の女”-中本たか子「基地の女」/平林たい子「北海道千歳の女」 ほか)/2 戦後を生きる女たちの記憶(円地文子「黝い紫陽花」-戦時下における“聖家族”の崩壊/小林美代子「蝕まれた虹」-“語り合い”への意志と挫折 ほか)/3 多様な表現/制度への揺さぶり(“母”から遠く離れてー野溝七生子「沙子死す」の「私」/吉屋信子『安宅家の人々』-宗一が結んだ二人の“女たち” ほか)/4 女性戦後派の挑戦(「パルタイ」と文学場ー出発期の倉橋由美子と批評のジェンダー/「黒さ」と想像力ー有吉佐和子『非色』の世界 ほか)/5 近代幻想からの越境(津島佑子『寵児』-“想像妊娠”というストラテジー/増田みず子『シングル・セル』-「孤細胞」と「命のしくみ」 ほか)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ