ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > その他

GCPの教科書II 【コンテナ開発編】 KubernetesとGKE、Cloud Run、サービスメッシュを詳解
クラウドエース株式会社

3,080(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

GCP上でのコンテナベースの開発する際の御作法 すべて教えます!

近年、アプリケーションエンジニアにとってコンテナベースでの開発は「超必須」とも
言える重要な技術となっております。しかし、一通りの開発ができたとしても、コンテ
ナの利点を十分に活かすことは難しいものです。
Googleが提供するGCP(Google Cloud Platform)には、このコンテナ開発ができる
様々なツールが多く用意されています。本書では、この中でも開発者がよく使う
(けど、わかりづらい)Kubernetes、GKE、Cloud Runを中心に解説しました。

◆本書の主な内容
第1章 Google Cloud Platformの紹介
 1.1 Google Cloud Platformとは
 1.2 プロジェクトの準備
 1.3 GCPのプロジェクトの作成
第2章 Google Container Registry
  2.1 Google Container Registryとは
 2.2 Container Imageの形式
 2.3 GCRにイメージを保存
 2.4 Cloud Storageとの関連性
 2.5 コンテナイメージの脆弱性スキャン
第3章 Cloud Build
 3.1 Cloud BuildはGCPのCI/CDサービス
 3.2 Cloud Buildで利用可能なコードホスティングサービス
 3.3 Cloud Buildトリガー
 3.4 Cloud Build構成ファイル
 3.5 Cloud BuildでCI/CD基盤構築
第4章 Kubernetes
 4.1 コンテナ
 4.2 Kubernetesの概要
 4.3 Kubernetesの機能
 4.4 宣言的な構成管理
 4.5 Minikube
 4.6 Kubernetesのアーキテクチャ
 4.7 Kubernetes APIオブジェクト
第5章 GKE
 5.1 Cloud Consoleで始めるGKE
 5.2 Cloud SDKで始めるGKE
 5.3 GKEを用いたアプリケーションの公開
 (以降については「目次」を参照)
第6章 Cloud Run
第7章 サービスメッシュ
第1章 Google Cloud Platformの簡易的な紹介
 1.1 Google Cloud Platformとは
 1.2 プロジェクトの準備
 1.3 GCPのプロジェクトの作成

第2章 Google Container Registry
  2.1 Google Container Registryとは
 2.2 Container Imageの形式
 2.3 GCRにイメージを保存
 2.4 Cloud Storageとの関連性
 2.5 コンテナイメージの脆弱性スキャン
 2.6 まとめ

第3章 Cloud Build
 3.1 Cloud BuildはGCPのCI/CDサービス
 3.2 Cloud Buildで利用可能なコードホスティングサービス
 3.3 Cloud Buildトリガー
 3.4 Cloud Build構成ファイル
 3.5 Cloud BuildでCI/CD基盤構築
 3.6 まとめ

第4章 Kubernetes
 4.1 コンテナ
 4.2 Kubernetesの概要
 4.3 Kubernetesの機能
 4.4 宣言的な構成管理
 4.5 Minikube
 4.6 Kubernetesのアーキテクチャ
 4.7 Kubernetes APIオブジェクト
 4.8 まとめ

第5章 GKE
 5.1 Cloud Consoleで始めるGKE
 5.2 Cloud SDKで始めるGKE
 5.3 GKEを用いたアプリケーションの公開
 5.4 高度なクラスタの構築
 5.5 他サービスとの連携
 5.6 Podのスケールアウトとスケールイン
 5.7 GKEにおける永続ディスク
 5.8 Cloud Buildを用いたGKEへのデプロイ

第6章 Cloud Run
  6.1 Cloud Run とは?
 6.2 2つのモード
 6.3 実践Cloud Run
 6.4 まとめ

第7章 サービスメッシュ
  7.1 マイクロサービスアーキテクチャ
 7.2 マイクロサービスの課題
 7.3 stioの概要
 7.4 Istioのアーキテクチャ
 7.5 Istioハンズオン
 7.6 まとめ

内容紹介(「BOOK」データベースより)

近年、コンテナベースでの開発はアプリケーションエンジニアにとって必須・鉄板とも言える重要な技術となっております。しかし、一通りの開発ができたとしてもコンテナの利点を十分に活かすことは難しいものです。Googleが提供するGCP(Google Cloud Platform)には、コンテナ開発を容易に可能とする様々なツールが用意されています。本書では、この中でも開発者がよく使う(けど、わかりづらい)Kubernetes、GKE、Cloud Runを中心に解説しました。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 Google Cloud Platformの紹介/第2章 Google Container Registry/第3章 Cloud Build/第4章 Kubernetes/第5章 GKE/第6章 Cloud Run/第7章 サービスメッシュ

著者情報(「BOOK」データベースより)

飯島宏太(イイジマコウタ)
GCPを用いたインフラ設計・構築に従事

高木亮太郎(タカギリョウタロウ)
SREエンジニア。業務ではIaCやCI/CDの構築、GCPのアーキテクチャ設計やGoogle Cloud認定トレーナーとしてトレーニングに従事

妹尾登茂木(セノオトモキ)
業務ではGCPのみならずUnityとC#を扱う案件にも従事。社内用ツールの開発も行うほか、オンライン勉強会への参加やOSSの翻訳、開発もやっている

富永裕貴(トミナガユウキ)
GCPとコンテナを用いたアプリケーション開発。Google Cloud認定トレーナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2022年01月10日 - 2022年01月16日)

     :第-位( - ) > パソコン・システム開発:第1548位(↑) > その他:第1249位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集
      MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集

      富士通エフ・オー・エム(FOM出版)

      2,310円(税込)

    2. 2
      【令和3年度】 いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書+出る順問題集
      【令和3年度】 いちばんやさしいITパス…

      高橋 京介

      1,738円(税込)

    3. 3
      令和04年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室
      令和04年 イメージ&クレバー方式でよく…

      栢木厚

      1,848円(税込)

    4. 4
      2022年度版 みんなが欲しかった! ITパスポートの教科書&問題集
      2022年度版 みんなが欲しかった! ITパ…

      TAC出版情報処理試験研究会

      1,650円(税込)

    5. 5
      MOS Excel 365&2019 Expert 対策テキスト&問題集
      MOS Excel 365&2019 Expert 対策テキスト…

      富士通エフ・オー・エム

      3,410円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ