医者からもらった薬がわかる本第32版[医薬制度研究会]
  • Googleプレビュー

医者からもらった薬がわかる本 第32版
医薬制度研究会

3,190(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2020年05月20日頃
  • 著者/編集:   医薬制度研究会
  • 出版社:   株式会社法研
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  1712p
  • ISBNコード:  9784865138009

商品説明

【内容情報】(出版社より)
●2020年3月までの新薬データを掲載。4月薬価改定に対応し、ジェネリックとの価格差も一目でわかる
1985年の初版刊行より35年の実績を持つ、元祖「薬がわかる本」の最新改訂版です。初版から変わらぬ患者さん重視のポリシーのもと、内容を充実させました。読者のみなさまの支持のもと、今回が通算で第32版となります。
■主な特長
1類書中最大、掲載品目数13,000以上。
薬の名前(商品名、一般名、分類名)、主な病名から検索することが可能です。またレイアウトを工夫し読みやすさもアップ。
2類書にはない“薬の適正使用”を重視した解説が好評です。
著者の「日本の薬をよくしたい」というポリシーのもと、効果が疑わしい薬については常に警鐘を鳴らし、「適正使用」を呼びかけてきました。あくまで患者の立場に立った独自の解説は、他の類書にはない本書最大の特長です。
3先発医薬品とジェネリック医薬品をはっきり区別。
薬代を節約できるジェネリックを有効活用するために、ジェネリックの価格を先発品との価格差がわかるように掲載しています。
4主要薬について英米独仏4カ国での承認販売状況を掲載し、薬の実力を評価。
5注射薬は抗がん薬と自己注射まで掲載。
6薬の位置づけ、効能効果、飲み方・使い方、一般的な注意、重大な副作用、併用禁忌の薬など、患者さんが必要とする知識をコンパクトに収録。
7索引機能が充実。薬の商品名・一般名(成分名)のほか、主な病名・症状から、よく処方される医薬品を検索することもできます。
●カラー口絵
 はじめに/第31版の特長
 この本を使う前に必ず読んでください
 薬の調べ方/薬の知識 解説の見方
 薬をめぐるトピックス
 主な薬の写真

●索引
 薬の名前50音索引
 病気別の薬索引

●薬の知識
【内服薬】
01 痛み・炎症・熱の薬
02 精神神経科の薬
03 心臓病と不整脈の薬
04 血圧の薬
05 その他の循環器系の薬
06 呼吸器の薬
07 胃腸の薬
08 肝臓・膵臓・胆道・痔の薬
09 ビタミン剤と栄養補給・貧血・止血の薬
10 婦人科の薬
11 内分泌疾患の薬
12 皮膚科・泌尿器科の薬
13 その他の薬
14 抗生物質
15 抗菌製剤と結核の薬
16 がんに使われる内服薬
【外用薬】
01 催眠・鎮静薬
02 解熱・鎮痛・消炎薬
03 眼科の薬
04 点耳・点鼻薬
05 腟用の薬
06 便秘・痔の薬
07 皮膚病の薬
08 抗生物質の坐薬
09 吸入薬
10 経皮吸収型の製剤
11 その他の外用薬
12 がんに使われる外用薬
【注射薬】
01 在宅で管理する注射薬
02 がんに使われる注射薬
【漢方薬】

●付録
 用語解説
 製薬メーカーの略称・正式名称と連絡先

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
主要先進国での承認・発売状況も掲載。薬の実力がわかる最新改訂版!処方薬13,000品目超を2020年4月新薬価にて掲載、ジェネリックの薬価もわかる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
内服薬(痛み・炎症・熱の薬/精神神経科の薬/心臓病と不整脈の薬 ほか)/外用薬(催眠・鎮静薬/解熱・鎮痛・消炎薬/眼科の薬 ほか)/注射薬(在宅で管理する注射薬/がんに使われる注射薬)/漢方薬

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと7

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ