本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > 美容・暮らし・健康・料理

日本の少子化対策はなぜ失敗したのか? 結婚・出産が回避される本当の原因 (光文社新書)
山田昌弘

858(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2020年05月20日頃
  • 著者/編集:   山田昌弘(著)
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  200p
  • ISBN:  9784334044688

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「1.57ショック」(1990年)から30年もの間、出生率が低迷している日本。当然の結果として、21世紀に入り人口減少が始まっている。欧米人からは「なぜ日本は少子化対策をしてこなかったのか」と驚かれる。一方、アジアの国々の人からは「日本のようにならないためにはどうすればよいか」と聞かれる。日本を反面教師としようとしているのである。家族社会学者である著者は、日本の少子化対策が事実上失敗に終わっているのは、未婚者の心と現実に寄り添った調査、分析、政策提言ができていなかったからだと考える。具体的には、欧米に固有の慣習や価値意識をモデルの前提にし、日本人に特徴的な傾向・意識、そして経済状況の変化を考慮しなかったのである。本書では失敗の原因を分析・総括するとともに、日本特有の状況に沿った対策は可能なのかをさぐる。

目次(「BOOK」データベースより)

はじめにー「子どもにつらい思いをさせたくない」日本人/第1章 日本の少子化対策の失敗/第2章 日本の「少子化対策失敗」の理由/第3章 少子化対策における「欧米中心主義的発想」の陥穽/第4章 「リスク回避」と「世間体重視」の日本社会ー日本人特有の価値意識をさぐる/第5章 日本で、有効な少子化対策はできるのか

著者情報(「BOOK」データベースより)

山田昌弘(ヤマダマサヒロ)
1957年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(17件)

総合評価
 4.08

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    イレタン
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年01月14日

    私は約20年以前から、少子化対策について、疑問視していました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年07月15日 - 2024年07月21日)

     :第-位( - ) > 新書:第4009位(↓) > 美容・暮らし・健康・料理:第647位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと9

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      運を支配する
      運を支配する

      桜井章一

      880円(税込)

    2. 2
      新型コロナは人工物か?
      新型コロナは人工物か?

      宮沢 孝幸

      1,133円(税込)

    3. 3
      「指示通り」ができない人たち
      「指示通り」ができない人たち

      榎本博明

      990円(税込)

    4. 4
      吾妻鏡ー鎌倉幕府「正史」の虚実
      吾妻鏡ー鎌倉幕府「正史」の虚実

      藪本勝治

      1,100円(税込)

    5. 5
      流れをつかむ技術
      流れをつかむ技術

      桜井 章一

      770円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ