現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 教育・福祉 > 障害児教育
感覚と運動の高次化理論からみた発達支援の展開子どもを見る眼・発達を整理する視点[池畑美恵子]
  • Googleプレビュー

感覚と運動の高次化理論からみた発達支援の展開 子どもを見る眼・発達を整理する視点
池畑美恵子

2,420(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年07月15日頃
  • 著者/編集:   池畑美恵子
  • 出版社:   学苑社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  150p
  • ISBN:  9784761408169

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「感覚と運動の高次化理論」を通した子どもの読み取り方から臨床実践までを整理した1冊。発達につまずきのある子どもの育ちを捉える上で重要な視点を示す。
*感覚と運動の高次化理論:1972年より、発達に気がかりやつまずきのある幼児と小学生の療育・学習支援と臨床研究を行う淑徳大学発達臨床研究センターで取り組まれてきた理論。
第1部 感覚と運動の高次化理論の基本理念
 第1章 感覚と運動の高次化理論の成り立ち
 第2章 感覚と運動の高次化理論における発達臨床的視点
第2部 4 層8 水準からみる発達理解
 第3章 1層 初期感覚の世界の理解
 第4章 2層 知覚の世界の発達理解と支援
 第5章 3層 象徴化の世界の発達理解と支援
 第6章 4層 概念化の世界の発達理解と支援
第3部 感覚と運動の高次化からみた臨床実践の展開
 第7章 初期段階の子どもの事物操作と空間認知の育ち
 第8章 聴覚優位な自閉スペクトラム症児の自己像発達の理解と支援
 第9章 個別アプローチの位置づけと展開
 第10章 集団アプローチの位置づけと展開

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
感覚と運動の高次化発達ステージの4層8水準の発達段階を把握し、個々の育ちの方向性・可能性を見据えて支援を組み立てる。「感覚と運動の高次化理論」を通した子どもの読み取り方から臨床実践までを整理。発達につまずきのある子どもの育ちを捉える上で重要な視点を示す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 感覚と運動の高次化理論の基本理念(感覚と運動の高次化理論の成り立ち/感覚と運動の高次化理論における発達臨床的視点)/第2部 4層8水準からみる発達理解(1層ー初期感覚の世界の理解/2層ー知覚の世界の発達理解と支援/3層ー象徴化の世界の発達理解と支援/4層ー概念化の世界の発達理解と支援)/第3部 感覚と運動の高次化からみた臨床実践の展開(初期段階の子どもの事物操作と空間認知の育ち/聴覚優位な自閉スペクトラム症児の自己像発達の理解と支援/個別アプローチの位置づけと展開/集団アプローチの位置づけと展開)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
池畑美恵子(イケハタミエコ)
2002年淑徳大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程満期退学。現在、淑徳大学総合福祉学部教育福祉学科准教授、淑徳大学発達臨床研究センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 発達支援に携わる人はぜひ
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年01月09日

    高次化理論の本としては、初めて読む方にもわかりやすいです。重度知的障害児と聴覚優位タイプの自閉症児の事例検討も載っています。できない、興味がない、嫌がる、の根底にある、その子どもの発達段階や課題を、感覚と運動の双方からみる視点は、どの障害であっても不可欠なものと思います。特に、感覚の偏りのある発達障害児に対する支援にはいろいろなアプローチがありますが、各専門職はその専門的視点のみでなく、子ども全体を捉えることの大切さを感じます。発達支援に携わる方々にお勧めします。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ