市民がつくる社会の学び台湾「社区大学」の展開と特質[山口香苗]
市民がつくる社会の学び台湾「社区大学」の展開と特質[山口香苗] 市民がつくる社会の学び台湾「社区大学」の展開と特質[山口香苗] 市民がつくる社会の学び台湾「社区大学」の展開と特質[山口香苗]
  • Googleプレビュー

市民がつくる社会の学び 台湾「社区大学」の展開と特質
山口 香苗

2,750(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2020年08月31日頃
  • 著者/編集:   山口 香苗
  • 出版社:   大学教育出版
  • 発行形態:  単行本
  • ISBNコード:  9784866920917

商品説明

【内容情報】(出版社より)
民主社会の建設を目指す台湾は、1990 年代後半、市民の学びの拠点として「社区大学」を全土に設置した。「社区大学」ではどのような学びが展開されているのか。本書は台湾での市民の学びを通じた社会形成のあり方を考えるものである。
序 章 研究の課題と方法
第1章 社区大学の設置過程と理念
第2章 台北市社区大学の制度と運営の特徴
第3章 学術課程における市民の学びと意識変化の実態
     ─「視野の外の世界:非主流からの読解」講座を例に─
第4章 生活芸能課程における市民の学びと意識変化の実態
     ─「茶道芸術:十大茶法」講座を例に─
第5章 社団活動課程における市民の学びと意識変化の実態
     ─「peopo 公民新聞社」を例に─
第6章 台北市原住民族部落大学の実態と役割
終 章 研究の成果と残された課題
【資料】社区大学学習者への半構造化インタビュー記録

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
市民の学びから、豊かな社会形成のあり方を考える。台湾で民主化運動とともに生まれた「社区大学」。そこには、楽しそうに学ぶ多くの人びとの姿があった。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 研究の課題と方法/第1章 社区大学の設置過程と理念/第2章 台北市社区大学の制度と運営の特徴/第3章 学術課程における市民の学びと意識変化の実態ー「視野の外の世界:非主流からの読解」講座を例に/第4章 生活芸能課程における市民の学びと意識変化の実態ー「茶道芸術:十大茶法」講座を例に/第5章 社団活動課程における市民の学びと意識変化の実態ー「peopo公民新聞社」を例に/第6章 台北市原住民族部落大学の実態と役割/終章 研究の成果と残された課題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山口香苗(ヤマグチカナエ)
1985年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院助教。埼玉大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと4

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ