本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 教育・福祉 > 福祉
障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本[鹿内幸四朗]
障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本[鹿内幸四朗] 障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本[鹿内幸四朗]
  • Googleプレビュー

障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本
鹿内幸四朗

1,760(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年08月20日頃
  • 著者/編集:   鹿内幸四朗杉谷範子
  • 出版社:   大和出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  176p
  • ISBN:  9784804718675

よく一緒に購入されている商品

  • 障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本[鹿内幸四朗]
  • +
  • 障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて[渡部伸]
  • 障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本
  • 鹿内幸四朗

1,760円(税込)

在庫あり

合計 3,410円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

30年後、私たちが死んだら“うちの子”どうなる? 逃げられない現実にどう向き合い、手を打っていったらいいのか。「親心後見」「とりあえず遺言」「財産管理委任契約」など、子どもの一生を守るために今から親がすべきこと
はじめに|2
本書で紹介する障がいのある子のために親がしておくべき財産対策|6
30年後、私たちが死んだらうちの子はどうなる?|13
娘の誕生。喜ぶ間もなく途方に暮れた16年前の私たちへ|14
子どもが成人したら、「子どもの財産を守る権利」が失われる|20
30年後、「問題」が発生する|24
障がい者の親は絶対にあきらめてはいけない|28
親権を使える未成年のうちだからこそ対策できる|32
お金がかからない未成年の対策 通帳、マイナンバーカード、印鑑登録証明書が三種の神器|36
成人前にやっておきたい 夫婦で子の未来を作る「新しい財産管理のしくみ」|39
子どもが成人すると、財産管理が親の元から離れる|40
この先40年……3000万円の財産は後見人の報酬に消えることに?|50
誰がもっともわが子の後見人にふさわしいのか|58
「親心後見」への挑戦。夫婦たすき掛けの契約で子どもを守る|62
子どもの将来をお上には決めさせない|66
法的解釈が分かれるからこそ専門家を頼ったほうが安心|70
公正証書の付言事項で親の思いを伝えることができる|76
シングルマザーや夫を頼れないなら母親だけの契約に挑戦する|80
成人してからでも大丈夫。医師から診断書をもらう|84
夫なきあと 妻と子の生活を守る「遺言の作り方」|87
わが子の幸せのために、あえてお金をのこさない選択を|88
妻が安心して長生きするために、資金を調達する|95
死に際ではなく、今作る意味がある「とりあえず遺言」|104
法律、税金、不動産、保険、人の気持ちに配慮した公正証書遺言を作る|114
「遺留分」から妻と障がいのある子を守る|120
夫が認知症になるかもしれない??どうなる??どう備える?|128
親が祖父母より先立つ場合の対策予備的遺言の重要性|133
妻が元気なうちに準備したい家族への最後の贈りもの|137
その他の公正証書で、子どもに降りかかる困難を取り除く|138
身体が不自由になったときのために「財産管理等委任契約」|140
認知症になったときのために「任意後見契約」|143
延命治療の判断を子どもに決めさせないために「尊厳死宣言」|146
葬儀、埋葬、永代供養などを事前に指示「死後事務委任契約」|151
親なきあと、障がいのある子の後見人を考える|154
子どもなきあとも遺贈寄付でお金を世のためにいかす|157
おわりに|162
障害のある子の親なきあとについて相談したいときは……|166

内容紹介(「BOOK」データベースより)

30年後、私たちが死んだら“うちの子”どうなる?起こりうる困難を先読みしてつくった「親心後見」のしくみと、将来にわたって妻と子が安心して暮らせるお金ののこし方。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 30年後、私たちが死んだらうちの子はどうなる?(娘の誕生。喜ぶ間もなく途方に暮れた16年前の私たちへ/子どもが成人したら、「子どもの財産を守る権利」が失われる ほか)/第2章 成人前にやっておきたい夫婦で子の未来を作る「新しい財産管理のしくみ」(子どもが成功すると、財産管理が親の元から離れる/この先40年…3000万円の財産は後見人の報酬に消えることに? ほか)/第3章 夫なきあと妻と子の生活を守る「遺言の作り方」(わが子の幸せのために、あえてお金をのこさない選択を/妻が安心して長生きするために、資金を調達する ほか)/第4章 妻が元気なうちに準備したい家族への最後の贈りもの(その他の公正証書で、子どもに降りかかる困難を取り除く/身体が不自由になったときのために「財産管理等委任契約」 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

鹿内幸四朗(シカナイコウシロウ)
一般社団法人日本相続知財センター本部専務理事。相続知財鑑定士。1969年北海道生まれ。1988年中野幸一税理士事務所入社。個客接近型のマーケティング手法「CTPT」を活用し、相続マーケットを分析。全国各地でセミナーを行う。専門用語を使わない解説が人気で受講者数は3万人以上。長女がダウン症という自らの経験から、同じ悩みをもつ保護者向けの「専門用語を使わない・親なきあとのお金の話」のセミナーに力を入れている。現在は、税理士法人中野会計事務所東京事務所事務長、一般社団法人実家信託協会専務理事、一般社団法人IT顧問化協会専務理事を兼務

杉谷範子(スギタニノリコ)
司法書士法人ソレイユ代表司法書士。京都女子大学卒業後、東京銀行(現在の三菱UFJ銀行)を経て、2003年司法書士登録。信託法大改正の2007年直後から研究を重ね、信託を活用した相続・事業承継コンサルティングで、多くの実績と信頼を得ている。一般社団法人実家信託協会理事長。信託法学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 4.4

ブックスのレビュー(3件)

  • 子どもの財産について
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年09月12日

    自分の死後、子どもの財産の扱い方を教えていただきありがとうございました。

    0人が参考になったと回答

  • 愛情を感じる実践書
    れい9407
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年05月02日

    支援者です
    今担当している子供たちが将来どのように生活していくのかイメージしたくて購入しました
    本当に子どものことを思って親御さんがこだわって制度活用を考えられたのがよく分かり、就労が見えてくる中学生以降の親御さんが読まれると実践書になるんじゃないかな?と感じます
    夫婦仲がいまいちな場合など、とても現実的です
    その分まだ子どもが小さいなど、障害者として支援を受けていく覚悟が決まっていない方が読むとかなり重たいと思います

    0人が参考になったと回答

  • 学校では教えてくれない本当のこと
    michi2881
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年03月11日

    著者が障がいのある我が子の一生を守るために決めたお金の原則。この本に書かれていることは学校や役所では教えてくれないが親が知りたかった本当の事が書かれています。子どもが成人になる前にこの本に出会えてよかったです。早速行動します。本の内容を全国の特別支援学校保護者のみなさんに知らせてあげたいと思いました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年09月13日 - 2021年09月19日)

     :第4193位(↓) > 人文・思想・社会:第889位(↓) > 教育・福祉:第176位(↓) > 福祉:第55位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ