秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > その他
21世紀最強の職業Web系エンジニアになろうAI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブック[勝又健太]
21世紀最強の職業Web系エンジニアになろうAI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブック[勝又健太] 21世紀最強の職業Web系エンジニアになろうAI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブック[勝又健太] 21世紀最強の職業Web系エンジニアになろうAI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブック[勝又健太]
  • Googleプレビュー

21世紀最強の職業 Web系エンジニアになろう AI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブック
勝又 健太

1,980(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年11月06日頃
  • 著者/編集:   勝又 健太
  • 出版社:   実業之日本社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784408339337

よく一緒に購入されている商品

  • 21世紀最強の職業Web系エンジニアになろうAI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブック[勝又健太]
  • +
  • キタミ式イラストIT塾基本情報技術者令和03年[きたみりゅうじ]
  • 21世紀最強の職業 Web系エンジニアになろう AI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブック
  • 勝又 健太

1,980円(税込)

在庫あり

2,310円(税込)

在庫あり

合計 4,290円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

Web系エンジニアになるための教科書が誕生!

・需要と将来性
・単価
・スキルの可搬性
・ワークスタイルの柔軟性
・フリーランス案件の充実度
・他の職種との掛け算の容易性
・ジョブチェンジの実現性
・オンライン上での業務の完結性
が全て満たされている、現代における最強のチート職業である「Web系エンジニア」になるために必要な知識、キャリアステップがこれ1冊だけですべてわかります!

ーーーーーーーーーー「はじめに」より抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ITが社会基盤として完全に定着したこと、IT知識がビジネスパーソンの必須教養になったこと、および小中学校や高等学校でのプログラミング教育の必修化や副業解禁の流れ等により、プログラミング学習が空前のブームになっています。

 そのブームに乗ってITエンジニアという職業の人気も非常に高まっていますが、その中でも「需要」「将来性」「単価」「働き方の自由度の高さ」等により最も注目されているのが、GoogleやAmazon、メルカリやクックパッドのような「Web系企業」で働く「Web系エンジニア」です。

 学生の方だけでなく、ジョブチェンジを検討している多くの社会人の方もWeb系エンジニアを目指してプログラミングを学習されていると思いますが、そもそも「Web系企業とはなにか」「Web系エンジニアにはどういう職種があり、どういった仕事をして、どういった技術を使っているのか」といった重要な情報が、体系的にまとめられている書籍は今まで存在しませんでした。

 そういったニーズにお応えするために企画されたのが本書です。Web業界の概要やWeb系企業の定義、SIer(エスアイヤー)系企業とWeb系企業の違い、Web制作とWeb開発の違い、Web系エンジニアの各職種における具体的な仕事内容、Web系エンジニアになる方法、フリーランスエンジニアになる方法、必要とされるスキルやキャリア戦略を、できる限り現場の実態に即した形で包括的に解説しています。

 Web系エンジニアを目指しているプログラミング初学者の方や、Web系エンジニアとしてスキルアップしていきたい駆け出しエンジニアの方がご一読頂くことで、Web業界とWeb系エンジニアの全体像、および必要とされるスキルやキャリアの概観を把握できる内容になっています。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

本書は、豊富なキャリアと幅広い経験を持つ著者が、Web系エンジニアに関連する重要なトピックを、できる限り現場の実態に即した形で包括的かつ具体的に解説しています。プログラミング未経験の方や初学者の方、あるいは駆け出しエンジニアの方がWeb業界とWeb系エンジニアの全体像、そして必要とされるスキルやキャリア戦略を把握できる一冊です。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 Web系企業とWeb系エンジニア/第2章 IT業界とWeb業界の全体像/第3章 Web系エンジニアの職種/第4章 Web系エンジニアが使う言語やテクノロジー/第5章 Web系エンジニアの働き方/第6章 Web系エンジニアになる方法/第7章 Web系エンジニアのキャリア形成/第8章 Web業界のトレンドと今後の展望/付録 ITの世界を知ろう

著者情報(「BOOK」データベースより)

勝又健太(カツマタケンタ)
雑食系エンジニア。早稲田大学政治経済学部出身。本業での専門はクラウドアーキテクチャ設計、DevOps/MLOpsなど。AWSとGCPの両主要クラウドプラットフォームの様々なマネージドサービスに精通しており、EC/メディア/ソーシャルゲーム/アドテク/AI/ブロックチェーンなど、広範囲な分野での豊富な開発経験と幅広いモダンなスキルセットを保持。Sler/SES/Web系メガベンチャー等、多種多様な企業での勤務経験や、派遣社員/契約社員/正社員/フリーランス等の様々な就業形態における実体験を元に、Web系エンジニアを目指すプログラミング初学者や駆け出しエンジニア向けにキャリアハック情報やパラレルキャリア情報を日々発信している。登録者5万名超えのYouTubeチャンネルを運営するYouTuberでもあり、参加者2,000名超えのオンラインサロン「雑食系エンジニアサロン」の主宰者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.79

ブックスのレビュー(3件)

  • (無題)
    Hudiwo
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2021年04月15日

    いつもどおりきれいな梱包状態で商品が届いた。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年02月28日

    勝又さんのファンです。YouTubeで観た内容の復習になり,大変勉強になりました。

    0人が参考になったと回答

  • 久しぶりに出会った良書
    OYA29949
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年12月11日

    体系的にエンジニア業界を知れるし、Web系エンジニアになるためのおすすめ学習方法など記載があり、これから業界に参入する人は一読することをお勧めする。私はSES業界におり本当に参入する前にあって欲しかったと思う一冊。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと50

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集
      MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集

      富士通エフ・オー・エム(FOM出版)

      2,310円(税込)

    2. 2
      ネガティブな毎日をポジティブに変換 もっと自由に駆け抜けろ!
      ネガティブな毎日をポジティブに変換 も…

      あめんぼぷらす

      1,430円(税込)

    3. 3
      MOS Excel 365&2019 Expert 対策テキスト&問題集
      MOS Excel 365&2019 Expert 対策テキスト…

      富士通エフ・オー・エム

      3,410円(税込)

    4. 4
      1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座
      1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザ…

      Mana

      2,486円(税込)

    5. 5
      TRAVELER'S notebook トラベラーズノート オフィシャルガイド
      TRAVELER'S notebook トラベラーズノート…

      トラベラーズカンパニー

      1,760円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ