エントリー&楽天マガジン初めてのお申し込みで、楽天ブックスでのお買い物が全品ポイント10倍
現在地
トップ >  > 新書 > 語学・学習参考書
「文」とは何か愉しい日本語文法のはなし(光文社新書)[橋本陽介]
  • Googleプレビュー

「文」とは何か 愉しい日本語文法のはなし (光文社新書)
橋本陽介

924(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年08月19日頃
  • 著者/編集:   橋本陽介
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  272p
  • ISBN:  9784334044886

よく一緒に購入されている商品

  • 「文」とは何か愉しい日本語文法のはなし(光文社新書)[橋本陽介]
  • +
  • 日本語をどう書くか(角川ソフィア文庫)[柳父章]
  • 「文」とは何か 愉しい日本語文法のはなし (光文社新書)
  • 橋本陽介

924円(税込)

在庫あり

924円(税込)

在庫あり

合計 1,848円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
えっ、「ビーグル!」の一語だけでも「文」!?気鋭の研究者が従来の「国語文法」とはまったく異なる言語観から「文」を考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「文」は何かという根源的な問い/第2章 助詞と助動詞は秘密の塊/第3章 「文」と西洋ロゴス/第4章 「文」とは、必要なことが必要なだけ表されたものである/第5章 自ら動くのか、他に働きかけるのか/第6章 AIが人間に近づくのではなく、むしろ人間がAI?/第7章 認知主体としての人間に焦点を当てた考え方/第8章 言語は思考を決定しないが表現と解釈を縛る/第9章 複雑な「文」の作り方/第10章 「文」の文法からこぼれ落ちた問題ー語用論、テクスト

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
橋本陽介(ハシモトヨウスケ)
1982年埼玉県生まれ。お茶の水女子大学基幹研究院助教。慶應義塾大学大学院文学研究科中国文学専攻博士課程単位取得。博士(文学)。専門は、中国語を中心とした文体論、テクスト言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      老いる意味
      老いる意味

      森村 誠一

      924円(税込)

    2. 2
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    3. 3
      京大 おどろきのウイルス学講義
      京大 おどろきのウイルス学講義

      宮沢 孝幸

      1,023円(税込)

    4. 4
      未来のドリル コロナが見せた日本の弱点
      未来のドリル コロナが見せた日本の弱点

      河合 雅司

      968円(税込)

    5. 5
      真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960
      真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945…

      池上 彰

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ