本屋大賞決定!
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 教育・福祉 > 福祉
子どもの心の声を聴く子どもアドボカシー入門(岩波ブックレット1032)[堀正嗣]
  • Googleプレビュー

子どもの心の声を聴く 子どもアドボカシー入門 (岩波ブックレット 1032)
堀 正嗣

572(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (全集・双書)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年09月08日頃
  • 著者/編集:   堀 正嗣
  • レーベル:   岩波ブックレット
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  64p
  • ISBN:  9784002710327

商品説明

【内容情報】(出版社より)
いじめや虐待など、子どもをめぐる社会状況は厳しさを増している。子どもを守るためにはどうしたらいいのか。今、欧米など世界的に注目されているのが子どもアドボカシー。子どもの声を聴き、その声を社会に向けて伝えることで、よりよい状況にしていく。長年、研究と実践に携わってきた著者が、具体的にその方法を語る。
はじめに アドボカシーとは何か

第1章 なぜ、いま、子どもにとってアドボカシーが必要なのか
第2章 子どもが自分の意見を話すとき
第3章 子どもの福祉におけるアドボカシー
第4章 学校という場でのアドボカシー
第5章 原則と実践のはざまで
第6章 いま、世界では

主要参考文献

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いじめや虐待など子どもを巡る社会状況が厳しさを増すなか、世界的に注目されているのが子どもアドボカシー。子どもの声を聴き、その声を社会に伝えるというものである。長年、研究と実践に携わってきた著者が、具体的にその方法を語る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに アドボカシーとは何か/第1章 なぜ、いま、子どもにとってアドボカシーが必要なのか/第2章 子どもが自分の意見を話すとき/第3章 子どもの福祉におけるアドボカシー/第4章 学校という場でのアドボカシー/第5章 原則と実践のはざまで/第6章 いま、世界では

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
堀正嗣(ホリマサツグ)
熊本学園大学社会福祉学部教授。NPO法人子どもアドボカシーセンターOSAKA、および一般社団法人子どもアドボカシーセンターNAGOYA理事。厚生労働省子どもの権利擁護に関するワーキングチーム構成員。1990年代から子どもアドボカシー研究に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと18

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ