夏の文庫フェア
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > 美術 > その他
明朝体活字その起源と形成[小宮山博史]
  • Googleプレビュー

明朝体活字 その起源と形成
小宮山 博史

4,620(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年09月08日頃
  • 著者/編集:   小宮山 博史
  • 出版社:   グラフィック社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  448p
  • ISBN:  9784766134254

商品説明

内容紹介(出版社より)

近代日本の情報コミュニケーションの中心的存在を担う明朝体活字。
当たり前のように存在する明朝体活字がいつどのように生まれ、日本に定着したのか。
その過程を豊富な図版史料をもとに国際的な視座から解き明かす。
第1章 活字の誕生/第2章 ヨーロッパで開発された漢字活字/第3章 アジアで開発された明朝体活字/第4章 ウイーン王立印刷局の連綿体活字ー柳亭種彦著『浮世形六枚屏風』の覆刻/第5章 分合活字ー偏旁・冠脚の組み合わせ/第6章 上海活字日本に伝わる/第7章 明朝体を脅かした唯一の楷書体ー弘道軒清朝体/第8章 優れた金属活字の仮名書体ー「日本の活字書体名作精選」の背景

内容紹介(「BOOK」データベースより)

日常のコミュニケーションのなかで当たり前のように使われている明朝体活字。それはいつどこで誰によって作られ、どのようにして日本に定着したのか。明朝体活字が東西の国際ネットワークから立ち上がり、日本に導入・洗練されてゆく過程を豊富な活字史料とともに解き明かす。貴重な活字見本をほぼ原寸収録。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 活字の誕生/第2章 ヨーロッパで開発された明朝体活字/第3章 アジアで開発された明朝体活字/第4章 ウイーン王立印刷局の連綿体活字ー柳亭種彦『浮世形六枚屏風』の覆刻/第5章 分合活字ー偏旁・冠脚の組み合わせ/第6章 上海活字、日本に伝わる/第7章 明朝体を脅かした唯一の楷書体ー弘道軒清朝体/第8章 優れた金属活字の仮名書体ー「日本の活字書体名作精選」の背景

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ