[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 建設工学
日本の堤防は、なぜ決壊してしまうのか?水害から命を守る民主主義へ[西島和]
  • Googleプレビュー

日本の堤防は、なぜ決壊してしまうのか? 水害から命を守る民主主義へ
西島 和

1,760(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

  • 発売日:  2020年09月05日頃
  • 著者/編集:   西島 和
  • 出版社:   現代書館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  168p
  • ISBNコード:  9784768458853

商品説明

【内容情報】(出版社より)
近年、全国各地で記録的な大雨による甚大な水害が相次いでいる。2019年10月に東日本台風が襲来した折には、巨大ダムやスーパー堤防が被害を食い止めたという声がネットで飛び交った。果たしてそれは事実なのか? 河川公共事業の住民訴訟に携わってきた著者が丁寧に解説する。
重要なのは、越水しても決壊しない堤防の整備。日本全国の堤防は土を盛っただけの“土まんじゅう"で、安全度も低い。「堤防にソイルセメントをいれて強化する技術は、海外では当たり前なのに、なぜ日本ではほとんど実施されないのか」? 等、謎だらけで人命が軽視されている「日本の水害対策」の現状を周知する。
はじめにーー堤防の決壊から民主主義の課題がみえる
第1章 水害対策における堤防強化の重要性
コラム:ハザードマップのつかいみち
第2章 重要な水害対策が消されてしまう日本の政策決定プロセス
コラム:被災者に「泣き寝入り」を強いる日本の水害対策
第3章 堤防を決壊させない民主主義へ
おわりにーー変化のきざしと変化への抵抗

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに 堤防の決壊から民主主義の課題がみえる/第1章 水害対策における堤防強化の重要性(あいつぐ堤防の決壊/水害対策の必要性と現状)/第2章 重要な水害対策が消されてしまう日本の政策決定プロセス(「決壊しにくい堤防」はなぜ消されたのか/堤防の決壊からみえてくる民主主義の課題)/第3章 堤防を決壊させない民主主義へ(民主主義と参加の権利/「お願い」参加と「権利」参加/課題を参加で解決することは1992年の国際合意/ポイントは「初期段階」「代替案との比較検討」/「ダム検証」における代替案との比較検討の不公正さ/参加の権利を保障する「戦略的環境アセスメント」の導入を/初期段階の参加で「洪水を受けとめる水害対策」を可能に/SDGsの求める民主主義へ)/おわりに 変化のきざしと変化への抵抗

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西島和(ニシジマイズミ)
弁護士。八ッ場ダム住民訴訟、成瀬ダム住民訴訟、スーパー堤防事業差止訴訟にかかわるなかで、さまざまな専門家から指導を受け、水害対策や日本の民主主義について深く考えるようになる。(一社)JELF理事。デジタルハリウッド大学非常勤講師(法律科目)。2020年4月より立憲民主党政務調査会に勤務。東京生まれ長崎育ち(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ