[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 伝記(外国)

足利義晴と畿内動乱 分裂した将軍家 (中世武士選書)
木下昌規

3,080(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

中世期(鎌倉〜安土桃山)の武士団や氏族について豊富な史料を駆使して一族の興亡史を描く中世武士選書の第44巻。本書では、室町幕府第12代将軍・足利義晴そその時代をクローズアップいたします。将軍の座をめぐる兄弟・義維との激闘、細川高国など大名家に翻弄される幕府。三好長慶ら新興勢力の台頭に、めまぐるしく変わる畿内情勢。最新の研究成果をもとに、足利義晴の激動の生涯を活写いたします。あわせて戦国期の将軍家や堺政権の実態にも迫ります。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

将軍の座をめぐる兄弟との激闘、細川高国など大名家に翻弄される幕府。三好長慶ら新興勢力の台頭に、めまぐるしく変わる畿内情勢。没落と上洛を繰り返す苦難の日々の中で、愛息・義輝に託した想いとは!?

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 足利義晴と細川高国の時代(父・足利義澄の時代/足利義晴の登場/初期義晴政権とその崩壊/宿命のライバル・足利義維/朽木で行われた政治 ほか)/第2部 帰洛後の政権運営と幕府政治(義晴、帰洛す/特徴的な政権運営/将軍家と大名勢力/将軍家の家政と直臣たち/新たな動乱の兆し/義晴の没落と死)

著者情報(「BOOK」データベースより)

木下昌規(キノシタマサキ)
1978年生まれ。大正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得満期退学。博士(文学)。専門は日本中世史(室町・戦国期)。大正大学非常勤講師を経て、大正大学文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年11月29日 - 2021年12月05日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 歴史:第1086位(↑) > 伝記(外国):第209位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ