楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 機械工学
自動車の軽量化を支える異種材料接着技術[若林一民]
  • Googleプレビュー

自動車の軽量化を支える 異種材料接着技術
若林 一民

110,000(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年09月30日頃
  • 著者/編集:   若林 一民
  • 出版社:   日経BP
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  220p
  • ISBN:  9784296107759

商品説明

内容紹介(出版社より)

接着を知らずにCASE時代の車体設計はできない
設計を劇的に進化させる接着技術を体系的に解説

本書は、自動車の軽量化を支える異種材料接着技術について、基礎とメカニズムから応用に至るまで、体系的に解説した唯一の書。
日本の接着業界の重鎮である著者が、実用になる接着技術を念頭にユーザー目線で解説しました。

自動車のボディー設計のこれからのキーワードは、「異種材料の接着」および「マルチマテリアル化への対応」です。自動車の軽量化を一段と進めるために、鋼の代替としてアルミニウムをはじめとする軽金属や、炭素繊維強化樹脂(CFRPやCFRTP)などの複合材料、エンジニアリングプラスチック(エンプラ)およびスーパーエンプラのようなプラスチックを適材適所で積極的に使うニーズが高まっているからです。

しかし、「鋼材と軽金属の接着」や「金属とプラスチックの接着」といった異種材料同士の接合では、溶接という最も一般的な接合技術が使えません。ここに接着(接着剤接合)の出番があります。すなわち、異種材料接着技術を適用しなければ、自動車の軽量化が止まってしまう可能性があります。

自動車関連の接着技術は、接着技術の中でも最先端になります。そのため、鉄道車両や電気・電子部品分野や、工作機械分野、ロボット分野、建築・土木分野の人たちにも大いに役立ちます。

設計者や生産技術者をはじめ、軽量化設計を究めたい技術者にお勧めです。また、本書を職場に備え、困ったときのバイブルとしてご利用ください。

■目次
第1章 接着の基礎と接着のメカニズム
1.1 接着の基礎
1.2 接着のメカニズム

第2章 異種材料の接着技術
2.1 種材料の接着技術で知っておきたいこと
2.2 金属とプラスチックの接着
2.3 金属とゴムの接着
2.4 構造用接着剤の種類と設計および性能
2.5 接着設計と接着評価

第3章 自動車の軽量化を支える接着技術
3.1 自動車の製造工程と接着剤およびシーリング材の使い方
3.2 構造接着および構造用接着剤
3.3 短時間接着へのアプローチ

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ