VUCA時代のグローバル戦略
パンカジュ・ゲマワット

3,300(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 VUCA時代のグローバル戦略 3,300円
紙書籍版 VUCA時代のグローバル戦略 3,300円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
不確実性の高まる(VUCA)世界で、組織と戦略をどう問い直すか?

世界情勢が変化するたびにグローバリゼーションへの悲観論と楽観論が盛り上がる。本書は、企業を動かすビジネスパーソンに向け、根拠のない印象論にまとわされず、グローバリゼーションの実態を踏まえた正しい対処と戦略策定ができるようになるためのフレークワークとツールを提供するものである。著者は、国際経営研究の第一人者であり、企業へのコンサルティング経験も多く行っている人物。本書では、客観的データとその分析に多くの紙幅が割かれており、説得力を持ってメディアや世論の感覚的な現状認識に反論する。トランプ大統領の政策、ブレクジット、中国の一帯一路などのトピックから、多くの企業のケースも紹介される。国際経営学の気鋭の研究者である琴坂将広氏(慶應義塾大学准教授)による解説も収録。
日本語版の解説(琴坂将広)

第I部 グローバル化をマッピングする:変化するもの、しないもの
第1章 グローバル化の現状
第2章 グローバル化と衝撃
第3章 長期的に見たグローバル化

第II部 グローバル化をマネジメントする:世界をSPANする
第4章 戦略:いかに競争するか
第5章 プレゼンス:どこで競争するか
第6章 組織構造:いかに結合するか
第7章 非市場戦略:怒りと怒りのマネジメント

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
国境を越え、世界市場で戦う経営戦略を考えるうえで、パンカジュ・ゲマワット教授の論考を避けて通ることはできない。ゲマワットは、不確実性の高まる目下の経営環境に過度に振り回されることなく、中長期的なグローバル化の予測をもとに必要な戦略の修正を図る必要性があるという。そして、その予測が楽観、悲観のどちらに振れるかにかかわらず、自社の戦略、プレゼンス、組織構造、非市場問題(SPAN)の機動的な再構成が必要になると主張する。本書では、グローバル化に関する豊富なデータを提供し、そのデータの読み解き方を論理的に解説する。そのうえで、実務家が何をどう考えるべきなのかを思考するための具材を、高い視座から提供した、まさに必読書といえるだろう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 グローバル化をマッピングするー変化するもの、しないもの(グローバル化の現状/グローバル化と衝撃/長期的に見たグローバル化)/第2部 グローバル化をマネジメントするー世界をSPANする(戦略ーいかに競争するか/プレゼンスーどこで競争するか/組織構造ーいかに結合するか/非市場戦略ー怒りと怒りのマネジメント)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ゲマワット,パンカジュ(Ghemawat,Pankaj)
ニューヨーク大学スターン・ビジネススクール教授(マネジメント・経営戦略)兼経営教育国際化センター(CGEM)ディレクター。IESEビジネススクールのグローバル戦略アンセルモ・ルビラルタ記念講座教授。1983〜2008年はハーバード・ビジネススクールで教鞭を執り、1991年に史上最年少で正教授に就任している。グローバル化およびビジネス・ストラテジスト、大学教授、講演家であるゲマワットは、組織や政策担当者に大きな市場の変化を予想し、備えるための助言を行っている。2008年には、『エコノミスト』誌の「史上最も偉大な経営思想家ガイド」に最年少の「指導者」として選出されている。世界の経営思想家トップ20人(Thinkers50)、ケース教材著者のトップ20人(ケースセンター)にも入っている。『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載された年間最優秀論文を表彰するマッキンゼー・アワード、米国経営学会国際経営部会のブーズ・エミネント・スカラー・アワード、同学会経営戦略部会のアーウィン・エデュケーター・オブ・ザ・イヤー・アワードを受賞している。グローバル化と国際ビジネスに関する前著には、The Laws of Globalization and Business Applications、World 3.0、Redefining Global Strategy(邦題『コークの味は国ごとに違うべきか』文藝春秋)がある。World 3.0は『エコノミスト』誌から「現代の最も重要な経済情勢を理解したい人の必読書」として推奨されている。同書は2年に1度、最も優れたビジネス書に与えられるThinkers50の賞を受賞した。ゲマワットは、DHL世界連結性指標の主要執筆者であり、PRISM(Proctice and Research in Strategic Management)財団の会長を務めている

琴坂将広(コトサカマサヒロ)
慶應義塾大学総合政策学部准教授。慶應義塾大学環境情報学部卒業。博士(経営学・オックスフォード大学)。小売・ITの領域における3社の起業を経験後、マッキンゼー・アンド・カンパニーの東京およびフランクフルト支社に勤務。北欧、西欧、中東、アジアの9カ国において新規事業、経営戦略策定にかかわる。同社退職後、オックスフォード大学サイード・ビジネススクール、立命館大学経営学部を経て、2016年より現職。上場企業を含む数社の社外役員・顧問を兼務。専門は国際経営と経営戦略

月谷真紀(ツキタニマキ)
翻訳家。上智大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ