本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > 工芸・工作 > 染織・漆
  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
  • Googleプレビュー

繕うワザを磨く 金継ぎ 上達レッスン 新版
持永 かおり

2,200(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン新版[持永かおり]
  • +
  • おうちでできるおおらか金継ぎ[堀道広]
  • 繕うワザを磨く 金継ぎ 上達レッスン 新版
  • 持永 かおり

2,200円(税込)

在庫あり

1,980円(税込)

在庫あり

合計 4,180円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

★ 伝統の漆技法をもとに、
大切な器を美しくよみがえらせる!

★ 小さな欠けこそ丁寧に。
ポイントをわかりやすく解説。

★ 基本と応用を1冊でマスター。
コツをつかんで自在にアレンジ!


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

" 漆" という素材に魅了され、
私は仕事をしています。

金継ぎとは「ただ割れた器を繕い、
金色に仕上げることではない」と思っています。
割れてしまった器を愛おしむ気持ち、
器を割ってしまった人をいたわる思い、
その器にまつわる様々なエピソードが
漆で繕われた傷跡に刻まれていると思うと、
傷を知らないまっさらな状態よりも
美しく見えます。
それこそが金継ぎの魅力なのだと思います。

古来より私たちの生活に溶け込んでいた漆は、
知れば知るほどその美しさと堅牢さと、
万能な素材であることに驚くことと思います。
その「漆で繕う」ということは、
時間のかかる作業でもありますので、
初めはその扱いに戸惑うこともあるでしょう。

しかし、スピードや手軽さが重視される
この時代だからこそ、
季節や気温や湿度を感じながら、
ゆったりと器に向き合い
繕うことの豊かさを実感できると思います。
そして、一度止まってしまった器と人との時間が、
自分の手によって再び動き出す
喜びを感じていただければ幸いです。

「モノ継ぎ」持永 かおり


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆ PART1
金継ぎで使う道具と材料を知る
* 破損状態の確認
器の破損状態に合わせた修繕方法を選ぶ
* 繕いの準備
修繕前にクリーニングと下処理をする
* 基本の道具・材料
繕いの道具と材料を選ぶ
・・・など

☆ PART2
小さな欠けを繕う
* 陶器の欠け1 織部釉小鉢
口縁の小さな欠けを丁寧に繕う
* 陶器の欠け2 外焼締ボウル
釉薬のかかっていない器はマスキングをする
* 磁器の欠け1 白磁ドレープカップ
希釈生漆を塗ってから錆付けする
・・・など

☆ PART3
ヒビを繕う
* 磁器のヒビ 白磁カップ
ヒビの上に漆を置いて染み込ませる
・・・など

☆ PART4
割れを繕う
* 磁器の割れ1 織部釉フィンカップ
麦漆を塗ったら湿気を取り込んで接着する
* 陶器の割れ1 鉄釉すり鉢
収まりの悪い破片はエッジをやすりで削る
・・・など

☆ PART5
難易度の高い破損を繕う
* 陶器の大きな欠け 織部釉小鉢
強度の高い刻苧漆で大きな欠けを造形する
* 陶器の複雑な割れ 白釉マグカップ
取っ手の接着部分に麻糸を巻きつけて補強する
* 楽焼の複雑な割れ 楽焼抹茶茶碗
バラバラの破片はブロック分けしてから接着する
* ガラスの修繕について
ガラスの修繕は高度な技術や多くの知識と経験を要する
・・・など

※本書は2017 年発行の
『繕うワザを磨く金継ぎ 上達レッスン』
の新版です。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

伝統の漆技法をもとに、大切な器を美しくよみがえらせる。小さな欠けこそ丁寧に。ポイントをわかりやすく解説。基本と応用を1冊でマスター。

目次(「BOOK」データベースより)

1 金継ぎで使う道具と材料を知る(破損状態の確認ー器の破損状態に合わせた修繕方法を選ぶ/繕いの準備ー修繕前にクリーニングと下処理をする ほか)/2 小さな欠けを繕う(陶器の欠け(1)織部釉小鉢ー口縁の小さな欠けを丁寧に繕う/陶器の欠け(2)外焼締ボウルー釉薬のかかっていない器はマスキングをする ほか)/3 ヒビを繕う(磁器のヒビ・白磁カップーヒビの上に漆を置いて染み込ませる/いろいろなヒビ紹介ー偶然に生まれたヒビの美しさを感じながら修繕する)/4 割れを繕う(磁器の割れ(1)織部釉フィンカップー麦漆を塗ったら湿気を取り込んで接着する/磁器の割れ(2)染付飯茶碗ー破片を仮組みしてから麦漆で接着する ほか)/5 難易度の高い破損を繕う(陶器の大きな欠け・織部釉小鉢ー強度の高い刻苧漆で大きな欠けを造形する/陶器の複雑な割れ・白釉マグカップー取っ手の接着部分に麻糸を巻きつけて補強する ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

持永かおり(モチナガカオリ)
多摩美術大学にて、ガラス工芸と陶芸を学ぶ。卒業後、陶作品を制作・発表しながら「いけばな草月流」本部造形科陶芸コースの助手として指導にあたる。その間多くの美術品や花器・器の修理修復を手がける。2011年の震災を機に世田谷区の自宅にて、ワレモノ修理プロジェクト「モノ継ぎ」を立ち上げる。2014年よりD&DEPARTMENTリペアネットワークに参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと7

個数 

お気に入りシリーズ

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入りシリーズ

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ